夜はなかなか寝たくないのに、朝はあと5分もう5分更に5分と寝てしまいます

秋田県横手市十文字町から見る夕暮れの鳥海山

こんにちは、ミズイデ(@fashionizumi)です。

ちょうど一週間前は秋田でのんびり温泉に浸かったりしていたのがウソのようです。

土曜日はフルタイムで出勤日でした。

日曜日に忙しいツイデニ、ブログ書きます。

 夜はなかなか寝たくないのに、朝は起きたくないのは人間だから仕方がない。

夜は楽しいです。

仕事が終わって家に帰って風呂入って美味しいビール飲みながら晩ごはん食べてテレビ見てくつろぐ、最高。

至福のひと時。

あっという間にビールが無くなって、もう一本、更にもう一本。

気が付けば12時回っちゃってる、なんて日々。

朝は6時には起きなきゃだから、5時45分に1回目の目覚ましが鳴る。

まあ起きれないっす。

それでも若い頃に比べたら起きれるようになったほうかな。

 スタッフも朝起きるの大変だと思う

ボクの場合は、ご飯とか洗濯とかカミさんがやってくれるので助かってますが、

うちのスタッフは一人で全部やらなきゃだから大変じゃないかな。

休みが待ち遠しくなってるはず。

しかし、昨日はフルタイム出勤日。

案の定、スタッフの一人が朝来ません。

マジか!?

ヤバい!!

1人いないと生産性がガタ落ちだーーー。

どうしよう、まいったなー。

10時になってもこないよ。

どうしたんだろう?

寝てるのかな?

具合悪いのかな?

仕方ない電話しようと思って、電話してみたが出ない・・・

熟睡中のよーだ。

たのむー起きてくれー!

コールバックしてくれ!

と祈っていたら、コールバックがあった。

「スイマセン今起きました。」

「おはよー!みんな待ってるよ!ダッシュで来て。」

で、30分後くらいに来てくれて助かりました。感謝っす。

 昔のボクだったら

来ないなぁ・・・、何やってんだろっ、マッタク・・・、

イライラ、いらいら、

もう、納期どうすんだよ!

電話して、来てくれたにも関わらず思いっきり機嫌悪そうな顔してた。

最悪ぅ。

これって、実は昨日もこんな感情の自分自身と心中で闘ってた。

でも、そんな態度で接したら空気が悪くなって楽しくなくなってしまいます。

仕事ってやっぱり大変です。できれば休んでいたいです。

ボクも同じです。

それなのに寝坊して遅刻したけど出社してくれたことに感謝しました。

ボクも若い頃寝坊した経験あって、遅刻して出社するのが気まずかった。

だから、みんな待ってるから早く来てーーー!って言った。

その方が気分よく仕事ができていいと思ったから。

おかげで、昨日のノルマ達成できました。

みんなありがとう。

 縫製工場にも愛を下さい

10年くらい前になるかな?今でもそんな感じのことあるのかな?

ボクは最近もう、そんなことは言われたことないから死語だと思う。

それは、繁忙期になると何処の工場もパンク状態だから仕事が溢れちゃうんです。

もうそれは電話が良く掛かってきましたね。

仕事入りませんか?

飛び込みです。

そう、そんな仕事請けたら最後っす。

納期間に合わなかったら、「デキルって言ったでしょ!!」全く聞き耳持ってくれません。

死ぬ思いして縫っても・・・

頼む前はいい声してたのに、請けた後はまるで別人のように(笑)

そうやって、どんどん仲間が倒れてしまった。

縫製工場に仕事を入れればどうにかなる?

そんな時代はもう終わってます。

そんなことを思った日曜日の黄昏時。

また明日からガンバリマス。

 

この歌好きだな♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket