自分の仕事に興味を持ってもらうには

上を向いて

こんにちは最近、鼻毛にも白髪が増えてきたミズイデ(@fashionizumi)です。

 縫製工場の中はネタの宝庫

ブログやツイッター、facebookなどで発信する時は誰かに喜んでもらいたいと思って投稿するといいよって教えてもらいました。

昨日自分で芯貼りしている時に芯貼り機での作業風景をiPhoneで動画撮ってツイートしました

 

 

芯貼り機、僕らにしてみれば当たり前に使ってる機械はとても便利です。

だけど、芯貼り機を持っていない人はアイロンで貼るしかない。

ボクも芯貼り機を買う前はかなり苦労しました。

便利なのは使ってみないと分かりません、でも動画で撮って発信したら分かりやすく伝わるかなーって思ってやってみた。

芯貼り機を持っている縫製工場の人でスマフォを持っていれば誰でもできますよね。

余談です,

  ちなみにうちの芯貼り機は巾33cmくらいまでしか貼れませんが大きな機械なら90㎝くらいまで貼れる機械があります。

それにスタッカーと呼ばれる装置がついてて、接着芯を貼ったパーツを自動で足下に揃えてくれるんです。高くて買えませんが…

話を戻します 、個人で洋服を作っている人とか洋裁に興味を持っている人とかに芯貼り機を見てもらいたかったから、それだけの為に投稿したんですね。

そうしたら、結構見てくれた人がいてリツイートもしてもらって、いつものツイートより反応が良かったです。

そして、それをまたブログに貼り付けて使えると言う。 一粒で二度おいしい感じです。  

 剣ボロを縫っている動画も

このツイートも反応が良かったです。  

今度はロックミシンを使っている動画とか、メローロック・ルイス、アイロン編も。

もうそう考えるだけでたくさん撮れそうです。(笑)

 

こんなシャツが完成です。もう完納してしまいましたからその内にお店で見られると思います。

これが、よくある売込みのこのシャツ買ってねー的な投稿だと誰も見たくないと思うしボクも見たくないからそうならない様に気をつけています。

だから、どんなことに興味を持ってもらえるのかなー?そう考えて発信するといいんじゃないでしょうか。

ボクだったら、縫製工場の仕事に興味を持ってもらいたいから、もっと同業者じゃない人に縫製の事を知ってもらいたいから分かりやすい言葉で発信するようにしています。

このブログを読んで、まだ分かり難いよーってことがあったり、こんなこと知りたいから教えてーがあったらメールくださいね。

メールアドレスはこちら。fashion-izumi@ac.auone-net.jp

メールお待ちしてまーす。

 

沈丁花のいい香りがする季節です♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね