同じことを繰り返すのはやめた方がいいと思ったこと。

こんにちは、朝は納豆にご飯と味噌汁。お昼は鶏胸肉サラダとおにぎり1個に味噌汁。そして夜は常夜鍋、毎日同じメニューでも飽きないミズイデ(@fashionizumi)です。

でも、偶にお昼カップラーメンを食べてしまうことがあります。No.705

 同じことを繰り返すのはやめた方がいいと思ったこと。

一昨日はクソ寒い中、新高円寺で松ノ木親方(この名前で書いてるのは僕が気に入ってるから)との新年会で楽しかった。

松ノ木縫製産地のプレス場で少し話してから一杯行こうって誘ってもらい、どこに連れてってくれるのかなと思いながら杉並の住宅街の細い路地を歩いていくといつものベトナムでした。

敢えて違う道を行くとまたあそこかってならない。そうルーティーンをなくすとワクワクがあるってことを体験させて頂きました。笑。

親方が、また来週にはパリだかニューヨークに旅立つ忙しい合間に話してくれたのは最初から仕事を取ってこようって気負わず遊びに行く感じで行くと新しい発見があり、ひょんなことから仕事が生まれたりするんだよ。そんなことを言ってたのを覚えてます。

それといつもの日常と違う煌びやかな世界にも行くといいって、映画ボヘミアンラプソディを大宮のイオンで見たのと六本木ヒルズで見たときでは同じ映画なのに見る場所が違うと違って見える感じがしたのがそれかな。

とにかく積極的にいつもと違う場所に遊びに行くといいみたい。

毎月オクノヤさんに会いに行くkisobar,stalkがボクの中でいい刺激になってます。

それからエクスマ塾の話などしたら、藤村先生と同じこと言ってるだろーだからオレに金払えって笑笑。松ノ木塾開催希望します。

ベトナム料理にお酒も美味しかった、ご馳走さまです。本当に楽しい時間をありがとうこざいました。

また一緒に飲めるようにお仕事がんばります。

とりあえず今年はこれリニューアルしました。

これからも楽しんでもらえるようにがんばりますのでボクのブログとツイッターもよろしくお願いします。

今日お伝えしたいことは以上です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね