パソコンが登場した時にワープロが必要なくなるなんて思ってもいない人が大勢いた話。

こんにちは、昨夜は自宅で映画を観て楽しかった。土曜日を少しゆっくりと過ごしているミズイデ(@fashionizumi)です。808

 パソコンが登場した時にワープロが必要なくなるなんて思ってもいない人が大勢いた話。

「ワープロはいずれなくなるか?」という質問に30年前のメーカー各社はどう答えた?

9月18日水曜日埼玉会館で藤村先生の話が聞けるというので行かなきゃもったいないでしょ。しかも無料とか。さいたま商工会議所青年部の皆さんありがとうございました!エクスマセミナーin埼玉会館。あっと言う間の2時間でした。

 

ホテルのお土産品の事例、POPを付けたら年間の売上げ3億だったのが5億円に。買う理由がわからないから売れないって。
それと今はもう見なくなったワープロの話。

そう30年前平成元年、ワープロはいずれなくなるか?の質問に誰も無くならないと答えていたとか。人は今ある現在がずっと続くと思っているけれど、時代は常に変わって便利なものが次々と現れて不便な物は消えていくのです。これは致し方がないことです。今は現実としてワープロを使っている人はあまり見なくなってます。

 iPhoneが登場して早や10年

そうだ、携帯電話が普及し始めてきたのも平成元年くらいでした。それから20年経ちiPhoneが登場した時は衝撃的でした。それまでのガラケーとは違いまるでパソコンのようでした。それが10年経って通信速度が上がり今は4Gに第4世代って意味だそうです。そして次はいよいよ5Gの世界が2020年から始まるらしいです。5Gの話も興味深かったーー。
ちなみに5GのGってギガだと思っていたのは僕です。5GになるとSNSももっとインフラになるとか。

 常に学び続けなければ環境についていけなくなるくらい世の中は変わり続ける。

セミナーは夏休みの男子小学生がたむろして話していた話から始まりました。(もう3回目かも)ヒカキンの年収の話から日本で一番金持ちは誰だってなり、安部首相じゃね・いや高須クリニックの高須じゃね!笑笑。僕らが子供の頃は野球選手とかだったのに今はユーチューバーになりたい子供が多い時代になりましたよね。女の子に至っては働きたくないとかあいみょんになりたいとか、それ職業じゃないし笑。

働きたくないと思っている子供が増えたのは大人のせいです。僕らがつまらない顔をして仕事をしているのを子供たちは見ている。だから仕事って楽しくしようと思いました。働いてて楽しい職場にしたい。

 5Gの世界は世の中が劇的に変わり始める。

5Gは自動運転を本格的に普及させたりすべてのモノがインターネットにつながるIoTがどんどん進むんだとか。

スマホがなくてはならない世界でコミュニケーションツールのSNSを利用する人がもっと増え使い方も進化していく。

ただ写真を上げるだけだったインスタグラム。インスタ映えが古くなり今はタグ映えなんだって時代は進んであっという間に古くなる。

誰もが見たり使ったりしているSNSの中に存在しなかったら?

 もうモノを売っているとどんどん衰退していく

ユニクロのライフウェアマガジン無料だったのでもらって置きっぱでしたがセミナー後に忘れていたかのように開いてみた。

スマホのユニクロのアプリも見たら、Twitter.facebook.instagram.LINEまで全部網羅してました。(サービスが終わったgoogle+までも)売上高2兆円越えの一流企業がそこまでやってるのに他のアパレルメーカーはどうでしょう?

洋服が売れなくなったのはどのメーカーの服も同じに見えるから。同じものなら安いものを買います。もっと言えばユニクロは老若男女を問わず知られているのに、上場アパレルって知られているのかな?知られていなかったら存在しないのと同じ。

 どんどん知ってもらってファンを増やしています。

うちの近所にクリーニング屋さんが歩いていける距離に5件はあります。その中の1軒から洋服のお直しをよく頼まれるんです。話をしたら常連さんだったお客様に団塊の世代が多くてリタイヤされ売上げが減ってますと、でも新築一戸建てが増えてきているから新規のお客様がいないわけじゃないのに・・・みたいな。

甲子園クリーニングは1日にしてならず。甲子園クリーニングしてる壁下さんのツイッターはすごい。見てると地方大会の決勝戦まで観に行き応援してるの。もちろん甲子園も行ってる。選手の高校生たちとも仲いいみたい。お客さんだけどファンみたいな関係なのかと思いました。

ここまではなかなかの行動力が必要ですが、ツイッターで発信することはできるので僕はやってます。

たくさんの良い事例が載っている本です。しかも安い。

今日は以上です。

友だち追加

友だち追加すると直接ミズイデにメッセージが送れますよ

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね