*

これだから洋服作りはやめられません(笑)

このシャツは普通のシャツと違う点が隠れています。裾がどうなっているのでしょうか?

このシャツは普通のシャツと違う点が隠れています。裾がどうなっているのでしょうか?

今年になって新しい洋服を買いましたか?

ボクは買いましたよ、新しい洋服を着ると気分が上がります

週末の金曜日の夜はいかが過ごす予定ですか?

ボクは友達から飲みに誘われたけど時間が合わなくてキャンセルです

午後6時から飲めるってマジかよ!

オツカレサマデス、まだ仕事中のファッションいずみのミズイデ@fashionizumiです。

今日もブログ書きますよ

 もともと洋服が好きだったのに

ファッション業界で働いている人って多いですよね

いわゆるアパレル関係

その昔は花形だった

服飾専門学校に進学してデザイナーを目指す人、パタンナーを目指す人、スタイリスト、MD/バイヤー、なんチャラアーティストとか色々な夢を持って勉強して卒業して就職

その人たちはみんな洋服が好きだったはずです

でも、働いている環境で楽しめなくなってしまうこともあるようです

僕ら縫製職人も洋服が好きで縫製の仕事に就きました

いざ、仕事をはじめて見ると同じファッション業界なのに

アパレルメーカーとその生産を請け負う縫製工場の間には大きな溝があることに気が付いたわけです

本当は違ったのかもしれませんが、メーカーの人間は縫製職人を下に見ていたようにしか見えませんでした

でもお互い洋服が好きなもの同士なのに…と言う気持ちが心のどこかにありましたが

いい関係とは言えなかったかな

 その昔景気のいい頃があった

その景気が良かった時代はお互いに潤っていたのでみんな平和でした

でも、景気が悪くなってくると洋服が売れなくなってきて

アパレルメーカーは背に腹は代えられないから人件費の安い海外で洋服を作るようになりました

それでも、売り上げ不振に歯止めが効かなくてパターンナーとか技術系の人たちをリストラしました

メーカーなのにものづくりを捨てモノ売りになってしまいました

ものづくりで成長してきた日本なのに今は日本で作れなくなってきています(さみしい)

アパレル業界では食えないからみんな違う業界へ就職する時代です

そんなことはボクが言わなくてもみんな知ってますよね

 昔ながらの売り方

売れないのは何故売れないんだろう?

ある程度の値段がする洋服の話です

洋服の卸し業態だと、販売に人が居過ぎる

だから製販直結のSPA業態が生まれてきたけど

それでも販売店と人が必要

究極の売り方、製販直結とは

いいえ、factoryブランドではありません

それは企画製造して受注会を開いて

受注会はネットでもリアルなイベントでも何でもOK

オーダーをまとめて完全受注生産して後日お客様に発送

すると、在庫ゼロ・店舗販売員要らず、よって製造原価率の高い製品になる

それが理想形だと思います

そうです今話題のあの人の商品もそうです(敢て言いません)

SNSで年間売上高数千万円のあのブランドが正直うらやましかった

そしたら、ボクの取引先ブランド産地からそれと似たような企画のお話を今日、いただきました。マジです

デザイナーが企画してアーティストがイベントで受注会を開いてファンが購入

集計後ファッションいずみで生産して納品=発送

スゴクナイデスカ

これからサンプル製作に取り掛かります

問題はオーダー数が分からないコト

気合入れてサンプル縫いますよ!!

これだから洋服作りはやめられません(笑)

スゴクテンション上がってるの分かりますか?

間に必要最低限の人しかいないから話が分かりやすくてしかも早い

即ち、最高ぉーーー!!!

じゃ、また

あ、正解はこれです

pxk008.2014-02

 

なんかなごり雪を聴きたくなったから♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
自分の得意なこと好きなことを発信すると信用が得られる。

こんばんは、夏でもエアコンより扇風機が好きな昭和39年生まれのミズイデ

縫製工場には広い裁断場が必要不可欠な理由

こんばんは、海の日なのに仕事しているミズイデ(@fashionizum

エクスマという考え方に出会ってからボクはどう変わったのか

こんにちは、夏が大好きなミズイデ(@fashionizumi)です。

今から29年前25歳だったボクは生き生きとしてたのを思い出した件

こんばんは、今日は伊豆長岡温泉にSNSの強化合宿に来ているミズイデ(@

縫製職人とはアイロン職人でもある
縫製工場を大きくしたいと思って散々失敗をしてきました。

こんばんは、今朝体重を計ったら66.2㎏でほっとしたミズイデ(@fas

  • 公式LINE@バーコード

    2017.06.14-02
  • 2018年7月
    M T W T F S S
    « Jun    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031