さいたま市でボタンホール屋さんもやってます。

こんにちは、最近ボタンホールの問合せとかが増えて喜んでいるミズイデ(@fashionizumi)です。No.801

 先日うちまで来てくれた方から今日荷物が届きました。

 さいたま市でボタンホール屋さんもやってます。

今日、南房総市のお客様からボタンホールを頼まれた洋服発送しました。そう、個人の方が縫われた洋服1着からでも承っております。

 ボタンホールの種類は3種類できます。

シャツとかブラウスにはネムリ穴(シャツ穴)ミシンがあります。JUKIの専用ミシンで3年前に新しく購入しました。

シャツのボタンホールのミシン目が山立てたパール縫い。糸はスパン糸ではなくフィラメント糸を使用しています

ジャケットなどにはハトメ穴かネムリハトメ穴(本ネムリ穴)ミシンもあります。ドイツ製のミシンです。

デルコップアドラー製のハトメ穴かがりミシン

鳩の目のような形をしているからハトメ穴がいい感じだと思います。実物もお見せできますし、縫いサンプルもさしあげます。ちなみにネムリハトメ穴は丸い目がない形になっています。(見本がなくてすいません)

 即日仕上げは承っておりません。

偶に持っていったその日のうちに待っているので開けてもらえますか?って聞かれるのですが、ごめんなさい。即日仕上げは承っておりません。状況にもよりますが早くて翌日から1週間くらい見てもらえると助かります。

あと、ジーンズなどの流れハトメ穴はできません。菊穴もできません。申し訳ありません。

 閂ミシンも新しくしました。

閂(カンヌキ)ミシンを新しい電子ミシンにしたから色々な太さや長さを縫うことができるのでお気軽にご相談下さい。

詳しいことはこのブログも読んでください。

個人の方でもプロの方の依頼でも1着から釦ホール加工を承っています

今日僕が伝えたいことは以上です。

友だち追加

友だち追加すると直接ミズイデにメッセージが送れますよ。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket