楽しく仕事をするために決断したこと

言わずと知れた不朽の名作「E.T]

言わずと知れた不朽の名作「E.T]

1週間お疲れ様でした、週末の土曜日ゆっくりとブログを書いてるミズイデ@fashionizumiです。(あ、いつもでした)

昨夜はAmazonFireTVであの不朽の名作映画「E.T」を見つけて、見始めたけど寝落ちしてしまいました。

今夜リベンジします

楽しみましょう!

昨夜も卓球の練習しました

今週は、月曜、木曜、金曜日の3回も行きました

そして日曜日は川口市鳩ヶ谷で試合です

火曜や水曜、土曜日だって時間さえ許せば練習できます

毎日やっても飽きません、それは楽しいからです

つまらなかったら続きませんよ

卓球は、場所も広いグランドとかいらないし野球やサッカーのように大人数ではなく2人いればできちゃうし

なんて言ってもあまりお金が掛からずに出来るのが一番の魅力です

だから、仕事終わりに好きな人同士が集まって2時間くらい打ってハイお疲れさん

そんな感じ

仕事もそんな感じで出来たらいいよな

そんなことをずーっと思ってはいましたが

仕事って仕事だし辛いモノなんじゃないの、それが普通でしたが

何か違うような気もしてた

奥歯に何か挟まってる感じのように、取れるけどまた挟まるみたいな(笑)

独立し立ての頃はとても楽しかった

自分のペースで仕事が出来たからね

それに景気も今よりは良かったから仕事にも困らなかった

つまらなくなったのは

仕事をやってもやっても利益が出なくなっていたから

仕事して借金こさえるって変ですよね

授業料だと思えるのにも限界ってモノがありますから

ある時、もっと楽しく仕事しよう!って決めた

それから、ボクが楽しく思えない仕事はやらないことに決めました

とある、レインケープを縫う仕事を2年くらい続けてました

お客様からは喜ばれてましたが、僕らは必死に頑張っても利益が出ませんでした

年々人件費も上がりますし、糸代とか電気とかなんだかんだと上がりますよね

だから、加工賃を上げてほしい旨を言いました

今までだって、無理に合わせていたところもあったから

500円上げてなんてせこい交渉はしなかった

だって、せっかく上げてもらってもこっちが納得できなかったらまた同じ

くすぶりながら仕事をするのは嫌だったからどーんと言いました、1500円上げてって

多分無理だって分かっていてね

だって、無理なんだからしょうがないです

500円くらいなら何とかなったでしょうけど、それじゃ問題解決にはならないので

結果は、それっきりです

何処かその加工賃で縫ってくれる工場を探したのでしょう

いや、ヒドイ先知ってます

うちの工賃より100円安くやりますって甘い言葉に引き寄せられてね^^

でも、それでOK

僕らの思いを伝えたのだから決めるのは先様です

あとは野となれ山となれの心境でした

アワナイ仕事を続けていると破綻しちゃうもん、ヤダよ

楽しんで仕事が出来る様になりました

ボクの経験上ですが、縫製仕様を簡略化してもいいですから安く縫えませんか?

そう言った依頼は洋服の価値を下げているような気がするのでお断りしています

他を探してもらった方がお互いウィンウィンですから

その壁を越えるのってって意外と簡単だったな

やる前は高そうに思えたけど

そこを越えたから今めっちゃ楽しんでる

さあ、昼間っから美味いビール飲むよーーーーー♪

ではまた~

星野減ってオモシロイ人だよね♪