何度も投稿をやめてしまおうと思った。そんな時いつもあの人の言葉を思い出しまた頑張ってきました。

こんばんは!今夜も気分よくブログを書いているミズイデ(@fashionizumi)です。1000記事まであと12投稿がんばります!No.988。

昨日もナイスゲームでした。今夜のドラゴンズ戦もよろしくお願いします。

個人名を出し顔を出して発信し続けていたら不思議と仕事の依頼が増えてきました。

僕は去年から毎日1ツイートしています。最初のころは恐れを知らないからクソ詰まんないツイートでも平気で上げてました。最近は少し考えてしまいますね。それでも毎日続けるのは結構大変です。何も出てこない日もある。そんな時はそのまんまをツイートしてる、だけど日本語って伝え方がたくさんあるから面白いと思った。

伝え方を考えるのには本を読んだり映画を見たり人の投稿を見たりして勉強しています。

Twitterの投稿が習慣になりFacebookもできるだけ投稿すようにしているのは伝え方の練習になるから。

駅前でもない大きなモールの中にあるわけでもない片田舎の2階にあるのに持ってきてくれるので本当に有難いな。

2階にあるのにわざわざ上がって来てくれてありがとうございます今日はお直しのお客様が4名。送りでおふろcafeさんから館内着ズボン40本と友達からマスクの縫製依頼が80枚。今月もなかなか忙しくなりそうでうれしいな。いくぜ、お直しの向こう側へ!!

水出 俊哉さんの投稿 2020年9月5日土曜日

2階にあるのにわざわざ上がって来てくれてありがとうございます今日はお直しのお客様が4名。送りでおふろcafeさんから館内着ズボン40本と友達からマスクの縫製依頼が80枚。マスクの縫製お待たせしてすいません。
今月もなかなか忙しくなりそうでうれしいな。いくぜ、お直しの向こう側へ!!向こう側って使ってみたかっただけです。

何度も投稿をやめてしまおうと思った。そんな時いつもあの人の言葉を思い出しまた頑張ってきました。

言い訳すんなバカッ!

辞めてしまおうなんて、ただやりたくない言い訳です。結果が出ないからってそれはやり方が悪いんじゃないの。そう思って常に考えてます、人のまねしながら自分らしさを交えて。今は続けてきて本当に良かったと思ってる。これからも新しいことに挑戦して続けていこう絶対そうしよう!ブログも。

お彼岸でヤオコーで買ったおはぎを3個1人で食べながら思ったのはそんなこと。

今日は以上です。

信じることがすべてっていい歌ですね。

今はコロナ問題で出歩くのもアレな時期です。お直しをどこに頼んだらいいのか悩んだりお店を探して持って行ったりする時間がもったいないと感じたら、おおよその料金を確認するのがスマホひとつでできてしまいます。洋服のお直しで困ったあなた今すぐファッションいずみ公式LINEアカウントが簡単で便利。登録は下の友達追加ボタンをクリックするだけ。

友だち追加

LINEで直したい洋服の写真を全体・部分・更に寄りで。3枚送ってください。更にリメイクの場合イメージ画を描いてもらえるとお見積もり出しやすいです。

洋服を送るのに畳んで小さくなる洋服ならレターパックが便利です。それかコンビニから宅配便で送ってね。

洋服お直しが完了(お預かりして1週間くらい)したら、レターパックか佐川急便で送ります。お支払いはPayPayが便利です。お振込みでも大丈夫。

お気軽に相談してください。

メールでのお問合せはのバナーをクリックして下さい。メールフォームが開きます。

電話でのお問合せは平日10時から18時までとさせていただいてます。

〒338-0812埼玉県さいたま市桜区神田154-4-2F

営業時間平日8:00~18:00 土曜日要予約・日曜祝祭日定休。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね