みんなが自然と行動できる雰囲気ってとても大事なんだなと思った日

1991年創業時の手製の看板
1991年創業時の手製の看板

お疲れ様です、ミズイデです。

連休前に納品しなきゃいけない仕事がもう少しです

でも、スタッフみんなのおかげで明日完納できそうです

みんなありがとう!

遅くなってしまいましたが、今日も書きます

 人が訪れてくれることが本当にうれしい

昨日はブログを見て?新規のお客様(アパレル関係)が2組の訪問を受けました。

その合間には洋服のお直しのお客様もあったりと、相変わらずバタバタしてますが

そんな今がとても有り難く思います

人が来る、集まる場所っていいですよね(賑やかで)

来客があると、ミシン場を見てもらっています

すると、スタッフは普通に笑顔で挨拶して迎えてる

当たり前のようですが、意外とムツカシイ

昔は、今とは微妙に違ってました

笑顔は笑顔なんだけど、なんだろう…

作り笑顔的な感じかな?

まあ、平たく言えば今は自然体で対応してるって

ボクが見ていて感じます

それは、敢えてこうしましょうとか言わなくてもできているのです

挨拶しましょうとか

掃除しましょうとか

敢えて言いません

みんなが自然と行動できる雰囲気って大事なんだなぁとつくづく思う

 昨日はシタテルの方が来てくれました

熊本から来てくれました

本当に有り難いことです

人と話をしていると、色々な気付きがあるのでとても楽しいです

ボクのブログを読んでくれてからの訪問でしたので話が早かった(笑)

しかし、業界に入ったのが今月からだそうで

アパレル業界に身を投じたのなら

「南充浩の繊維産業ブログ」は必須ですよと言っておきました(マジで知らない御様子でしたので)

話に夢中になっていたらあっという間に1時間以上も経っていた

そのお話はまた、後日にでも書こうかな

 実は今日、結婚記念日でして

スミマセン

今日は小さいケーキでも買って帰ろうと思います

24年ってあっという間ですよ

まだ、全然約束果たしていません

また、明日もガンバリマス

では、また

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket