傷病名は右中大脳動脈狭窄症

こんにちは、ミズイデ(@fashionizumi)です。

今日のブログは、退院してから早いものでもう3週間が経ちました。

今更ですが、今回の入院から手術して退院までのご報告ブログを書きますね。No.472

誰が興味あるんだろうと、ちと不安ですが・・・書きます。

 傷病名は右中大脳動脈狭窄症

それは、7月のはじめのことでしたいつものようにイオン与野を歩いていた時、

急に左の手と足が痺れてきて歩くことができなくなってしまったんです。

痺れと言っても、正座していて立ち上がった時のあの痺れとは全く違ってて、なんだろうもう立っていられない感じ。

そんなことは今まで経験がなかったくらいのことだったので、マジでヤバいなと直感で思い直ぐに病院に行きました。

少し休んで落ち着いてから、幸い自力で行けたから良かった。

病院に午後7時ごろ着くと、たまたま脳神経外科の先生がいてくれて直ぐにMRIを撮ってもらって、

結果を聞いたら、右の脳の血管の一部分だけが非常に細くなっていて血の流れが悪くなっていることが原因だと言われました。

このまま放っておくといずれ脳梗塞が起こる可能性が高いと言われてビビりました。

最初に撮ったMRIの画像だと解像度が低いのか血管がそこだけまるで途切れているかのように写ってました。

でも、生きていたので辛うじてつながっていてくれたようです。

 より精密な画像で検査するために検査入院

より正確な画像を撮るために、血管にカテーテルで造影剤を入れてMRIを撮るためには入院しないとできないらしくて、

そのために2泊3日で検査入院してと言われて、8月9日から11日まであちこち検査してもらいました。

で、結果は血管がやっぱり細かったのと右脳だけ血流が非常に少ない状態だという事が分かったのです。

どれくらい少ないか、通常を100とすると60%くらいだって、やばーーー!

そのせいか分からないけど、どうも急に睡魔が襲ってきて昼間お昼過ぎあたりになると眠くて眠くて仕方なかったんですよね。

その結果を受けて、先生はこのまま手術をせずに血がサラサラになる薬を服用して経過を見守る方法と、

このまま入院して右脳の下の方に血液が流れれて行く様に血管のバイパス手術をするのかを決めて欲しいと言われて、

手術することを決断したわけです。

その先生の言葉が今でも残っています。

それは、「どんな手術かと言うとね、4㎜くらいの細い血管を耳の上あたりから頭蓋骨を開いて脳の血管とつなぎ合わせる手術で、非常に難易度の高い手術なんだけど、それを私はできますから安心して大丈夫です。」そう言ってくれたんです。

スゴイな、自信満々だったから良かった。

それが、少しでも弱気な発言で成功する確率は決して100%じゃないからとか言われてたら躊躇したかも。

でも、万が一は無いとは言えないって言ってたけど。言葉の力ってすごいと感じました。

 8月14日手術

でね、その難易度の高い手術の費用がなんと200万円もするんです。

でも大丈夫、社会保険入っていれば高額医療制度があるからねって言われて安心しました。

手術のことは寝てたので全く覚えてません。

気が付いたのは夜12時前だった、やっと麻酔が覚めてきてからその日は眠れませんでした。

術後は経過も順調で一週間で抜糸して2日後の8月23日には無事退院できたんだから現代の医療の進歩ってすごいと思った。

おかげ様で、午前中に退院してお昼ご飯はずっと食べたかった三宝亭のとろとろ麻婆麺を食べたし、

その日の夜には卓球の練習ができました。どんだけ好きなんだよって、周りの人の方が心配してくれているのを他所に自分は至って平気でした。(苦笑)

 

 

 まとめ

皆さんからfacebook見たよ大丈夫なんですか?ってよく聞かれました。

おかげ様で大丈夫です。サムネイルの写真はすごい所を手術したけど今は大丈夫です。

ご心配いただきありがとうございました。

今回、脳の血管が細くなってしまった原因はコレステロール値が高かったことと中性脂肪が多かったことらしいです。

心配していた糖尿病は大丈夫でしたが、やっぱり今回のことで体質改善が必要だと感じたんです。

でね、4月から始めたマッスルダイエット塾は結果的に良かったんだなーて思ってます。

73kgあった体重が66kgまで痩せたのは食生活を見直したお陰ですから。

血管の病気は誰にでも起こる可能性があるから節制した方がいいですよ。

美味しいものばかり食べていると何時かはしっぺ返し喰らいますね。

脂っこいものとかビールとか、飲みの後のラーメンとかヤバいですよ。マジでマジで!

街で肥っている人を見ると心配してしまいます。よく生きてるなーって。

皆さんも、ご自愛ください。

では、またー♪

 

ミサイルを撃った人に聞いてもらいたい歌♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね