ツイートしたり黒板書いたりを継続してると別の世界が扉を開けると感じたこと。

今週は練習に行けてないから体が卓球したいって言ってるような気がしてるミズイデ(@fashionizumi)です。No.715

 SNSや黒板に何を書いたらいいのか分からない時は「誰に何を」伝えたいのか分かりやすくシンプルにを意識しています。

ボクはほぼほぼ毎日黒板を書いています。

今日来たお客様からもう10年くらい?って聞かれ、ここで20年になります。と答え知られていなかったのでお知らせしました。

うちは創業28年です。結構長いことやっています。これからもがんばります!

昨日は、お直しの常連さんに聞かれて答えたことをそのまんま他の人にも伝えたくて書いたの。

黒板を書き始めて今年の6月でもう2年、小さなことをコツコツ続けるの得意です。

 たかが書くだけ、されど書くだけ

黒板の聖地kisobar

伝えたいことを思っているだけじゃダメ、口で言うか書かないと伝わりません。

だからボクはファッションいずみの存在を伝えたくて黒板書いたりSNSに投稿したりブログ書いてます、でも誰に何を伝えたいのかが決まってなかったら書きようがありませんね。

だからボクは、「誰に何を」伝えたいのかを分かりやすくシンプルに書くことを意識しています。

この黒板に書いたうちの会社が何年やってようが興味のない人にはどうでもいいこと、それでも敢えて書くのは興味を持ってもらうってことが楽しいの。

へーそうなのー。って思ってくれた人が1人でもいてくれたらボクは満足です。

だって黒板を通じてコミュニケーションできるなんて最高ですよね。

 

そうこの日の黒板は、前の日に行った居酒屋のことを。

与野本町駅直ぐ近くの升馬は料理もお酒もおいしいよ。マスターのテルキも気さくで話し上手だよ。

そしてこの日の黒板は、お直しのお客様が下に車を停めて怒られたので書きました笑。

下の会社の人に怒られるので下には車をゼッタイに停めないでください。

 黒板書いたらそれをツイートしてます

ボクは毎朝ツイートしています。毎日ツイートするのも継続中です、これならハードル低くて続けられるからオススメだよ。

 

その後は黒板書いてそれを写真撮ってツイート。

 

そしたら、たまたま書いたこのツイートが意外と反応が良かったのでハギレ生地をネットで売ったら面白そうだと思ってネットショップBASEを作っちゃいました。

ハリスツイードの端切れセットを売ってます。残り2セットです。

 

まだ売れてないけど見に来てくれた人が結構いて興味を持ってもらえたことがうれしかったし、自分で売れる道具を持っただけでワクワクしたの。

やっぱり決断より行動しないと何も変わらないんだよなあ。始めた頃はくそツマンナイツイートで反応も悪かったけど続けてたら少しずつ興味を持ってもらえるようになりスマホの投稿だけで多くのフォロワーさんとつながれるようになりました。

黒板も近所の人数人に興味を持ってもらえたし、それをツイートして同じように数少ないけど興味を持ってもらえました。

縫製塾の生徒さんにハリスツイードのハギレが人気あることを聞いて早速やってみたの。ただの端切れだけど売るものができて、ネットショップまで立ち上げるまでになった。笑。

そしたら次は何を売ろうか考えるのも楽しいし売れる方法を考えるのも楽しくなるよね。

 継続するとあなたの別の世界が扉を開ける。

黒板を書き続けていたら楽しくなった。

卓球も、もう7年続けてるから常に上達してる気がして楽しい。

SNSもブログも書き続けてると同じこと書いてると飽きてくるから常に違うことを考えるのが楽しいの。

ホント楽しいは最強だな。だって楽しいから続けられるんで、どうやったら楽しくなるのか考えるでしょ。

続けてきて本当によかった。これからもがんばります。

今日は以上です。

ファッションいずみ公式LINE@のQRコードを貼っておきますね。

友だち追加

友だち追加してもらえば直接ミズイデにメッセージが送れますよ。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね