東京のど真ん中を見て感じてきました。

今年は令和2年です、令和になっていい時代になったと感じているミズイデ(@fashionizumi)です。No.854

東京のど真ん中を見て感じてきました。

先日奥さんと東京見物デートしてきました。結婚してずっと一緒に働いてくれた奥さんと今の東京を感じてきました。
初めてなんですが、東京駅を降りて皇居二重橋に向かうまでに奥さんからまさかの飽きたって言われて、すいませんでした、その後がんばりました。
ずっと静かなさいたまにいるとアレなんで東京の今を見て感じていい1日になったと思います。残念ながら新国立競技場は外から見るだけでしたが前回の東京オリンピック生まれの夫婦は今年のオリンピックが楽しみで仕方がありません。

今までと違う行動をする。何も特別なことじゃなくていいと 思って一度も行ったことがない場所へ、日本人として生まれたのだから一度は訪れてみたいとずっと思っていた場所にやっと行ってきました。

埼玉県さいたま市から電車に乗って東京駅まで46分でした。東京駅までは何度も行ったことがありますが皇居は初めてで外国人の方が多かったな。毎日暮らしているさいたま市に比べると人が多かった。

それから僕が仕事中毎日聴いている東京FMが半蔵門の近くにあってラジオの情報で皇居ランナーが多いと聞いてたけど実際に行ってみると本当に多かった。歩くのに邪魔だなあと思うくらい多かったー。

東京のど真ん中を見て感じて今年は新しいことを考えていこうと思いました。東京を自分の目で耳で肌で感じて疲れたけど楽しかった。

今年は東京オリンピックが開催されます。

2020年。今年は東京オリンピックが開催されます。1964年前回東京オリンピック生まれの僕たち夫婦は完成した新国立競技場を見に行ってきました。その前に奥ノ谷さんの会社も初詣してきました。

新しい国立競技場はとても大きいしか言葉がないくらい圧倒された。せっかく東京へ行ったのだから靖国神社へ参拝した後は行くと決めてました。何もやってなかったけどその姿を見ようと多くの人がいたしね、やっぱり見てきてよかったな。

まだ見たことが無い人は見るだけはタダなんで是非。どうやって行けば良いのか分からなかったけどスマホがあれば楽勝でした。帰りは千駄ヶ谷駅から新宿経由、埼京線でこれまた楽でした東京の交通網ってすごいね。

久しぶりのデートでした。

思えば奥さんと一緒に電車に乗って東京へ行くのは久しぶりだったな。

与野本町駅に着くと15000歩も歩き疲れたのと喉が渇いて丁度いい店があってよかった、お疲れさま乾杯!

またいつもと違う景色を見に東京へ行こうね。

今日は以上です。

友だち追加

友だち追加してくれると直接ミズイデにメッセージが送れますよ。

東京♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね