日本中の人に好かれるなんてことは所詮無理なこと。自分をさらけ出して本当のファンを見つけたい。

こんばんは、筋トレが徐々にレベルアップして楽しいミズイデ(@fashionizumi)です。体脂肪率19%に下がりました。No.920

今週末のかけうどん大が楽しみで仕方がありません。

日本中の人に好かれるなんてことは所詮無理なこと。自分をさらけ出して本当のファンを見つけたい。

僕は一生懸命SNSで発信していますがどうしてSNSを使って発信することがお客様を獲得することに有効なのか良くわかっていません。じゃあどうしてやっているのか?それは他に有効な手段を知らないから。今はSNSがとっても有効だと思ってる。ただ、はっきりとしたことは言えない。感覚的に僕の言いたいことや伝えたいことを聞いてもらえるような伝え方を考えてトライ&エラーを繰り返しながら徐々に反応があったりして手応えを感じられるのがとても楽しい。あったことも無い人から洋服お直し、リメイク、ボタンホールなどを頼まれることが日常になってきたのだ。いつ頼まれるかわからないまたは頼まれないかもしれない。だから頼まれたときは超絶楽しい。ギャンブルみたいだけどギャンブルとは違う、人と人の心が通じ合った感じがたまらなくてね。まあ分かる人に分かってもらえればいいんだ。だって人は感情で生きているのだから。人の気持ちが分からない人とは一緒にいたくないもんね。って俺でした。ほんとすいません。

兎に角人は優しいと思う。

うちで縫わせていただいているブランドさんが縫製者タグを付けてくれていて、普通は品質表示にアパレルメーカーの会社名とかがあるだけなんですけど縫製責任者タグを付けてくださいとわざわざ用意してくれているブランドさんがあり、本人は付けるのが恥ずかしいみたいだけどね笑。

なんと今日、シャツを買ってくれた人がそれを見てアサノマスクを買ってくれてコメントまで。マジでうれしかった。

バカ正直でありたいと思ふ。

もうかれこれ10年くらいブログを書いてます。一貫して続けてきたことはうそは書かないということ。書かれてやばいと思う人はアレなのかなとも思ったり思わなかったり。だって昔ならいざ知らず今は全部丸見えの時代。展示会の洋服の写真をアップしないでくれって。

工場に決算書を提出させたり。もっとひどいことなんてネット上に溢れてるのにね笑。

うそをつくからソコヲ突いてくるあげ足取りの人が現れる。間違いは誰にでもあるのに。揚げ足とってすいませんでした。

僕は何年も大手レンタル会社からモップとか空気清浄機とか月に6500円くらい払ってました。基本4週間ごとに交換してくれてた。1年52週だから13回ね。それが何か4週間が徐々に短くなっている気がした。気のせいかも知れない。でも担当者の態度がどうも気に入らなかったから解約した。疑問を持ってしまったらもうアウト。最後だって何年も取引していたのに。そんな感じだったから解約してよかった。そして新しい空気清浄機を買ったらすこぶる調子いい。6500円×13回も払ってたから1年分の金額以下で買えちゃった。もっと早くそうすればよかった。

やっぱりこのPVが好きだな。1986年ってみんな年をとったけどもっと革命的なことを起こして生きたい。

今日は以上です。

今はコロナ問題で出歩くのもアレな時期です。お直しをどこに頼んだらいいのか悩んだりお店を探して持って行ったりする時間がもったいないと感じたら、おおよその料金を確認するのがスマホひとつでできてしまいます。洋服のお直しで困ったあなた今すぐファッションいずみ公式LINEアカウントが簡単で便利。登録は下の友達追加ボタンをクリックするだけ。

友だち追加

LINEで直したい洋服の写真を全体・部分・更に寄りで。3枚送ってください。更にリメイクの場合イメージ画を描いてもらえるとお見積もり出しやすいです。

洋服を送るのに畳んで小さくなる洋服ならレターパックが便利です。それかコンビニから宅配便で送ってね。

洋服お直しが完了(お預かりして1週間くらい)したら、レターパックか佐川急便で送ります。お支払いはPayPayが便利です。お振込みでも大丈夫。

お気軽に相談してください。

メールでのお問合せはのバナーをクリックして下さい。メールフォームが開きます。

電話でのお問合せは平日10時から18時までとさせていただいてます。

〒338-0812埼玉県さいたま市桜区神田154-4-2F

営業時間平日8:00~18:00 土曜日要予約・日曜祝祭日定休。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね