自分の気持ち次第で良くも悪くもなる

去年の今日は桜が満開でした

去年の今日は桜が満開でした

昨年のセリーグ覇者ヤクルトスワローズが今年は開幕4連敗でしたが昨日やっと勝てて喜んでいるミズイデです。

早く花見してゆっくりしたくて、半分オフモードでブログ書きます

あれ、今日はまだ木曜日ジャン!?金曜日かと思ってた

自分の気持ち次第で良くもなったり悪くもなる

今日は3月31日年度末です

学校は春休みだからか公園で子供たちが野球しているのを見てボクも野球したくなりました

毎年のように同じ光景を見てきたはずです

でも、その昔見た子供と昨日見た子供とは違います

子供の成長は早いのを子供と接しない人は分からないのだろうな

そんなことを思いました

去年の3月に入社してくれた人が丸一年経ちました

人間って直ぐに忘れてしまう生き物です

だから、去年のことを思い返してみた

そうだ、3月に2人入社してくれて賑やかになったのを思い出した

それまでパートさん1人しかいなくて全部で3人だったから

そして、あれから2人増えてボクを入れて7人になった

一年前には

これほど人が増えるなんて思ってもいませんでした

それがどうして増えたのか、増やしたのか

ずっとお手伝いしてきたブランド産地が去年あたりから?その前からか

どういうわけだか、オーダーが増えてきて人手が足りなかったので求人募集したらタイミングよく応募していただき

良縁に恵まれて採用にいたり現在の賑わいになった次第です

人が増えると、ミシンやアイロンが足りなくなってきました

また来年の新卒採用予定していますが、その時はミシンとアイロン台+アイロンを増やさなくてはと

そうするとスペースも狭くなるから配置換えも必要になるなとか

もう既に来年のことも考えてると楽しくなる自分です

そうやって会社って大きくなっていくんだな

別に人を増やさないって方針で行くことも可能だった

逆に増やさないで現状維持の方が楽って言えば楽だよね

ただ、その時「現状維持は後退しているのと一緒」だという言葉を目にした

マジだ!その通りだって思って思い切って求人することを決断しました

その時の決断が功を奏した

現状打破を決断して本当に良かった

何故なら、あの時の決断が無かったら今も3人でだらだらと仕事をしていたかも

いや、違う仕事していたかも

それがどうでしょう

ボクは今、こんなにも縫製の仕事を楽しんでいる

それは全てボクの周りの人のおかげです

人が人を呼びます

誰もお客がいない店には入り辛いように

人がいるのか居ないのか分からないようだと人が入ってこない

人だけじゃなく仕事も入ってこない

洋服のお直しのお客さんだって入ってこないです

縫製工場が人を雇えなくなる心理

それは、人を雇ったら仕事を増やさなくてはならないからです

仕事あるかな?ないよな?

人増やしても仕事無かったらどうしよう、ってなるんです

だけどその気持ちを打ち消して先ずは一人雇ってみました

求人したら、仕事がデキる人がいいよなって思いました

でもデキる人なんてなかなかいません

そこでないものねだりしていても仕方がないから、デキナイ人を育てるしかなかった

仕事がデキナイ人を育てるの大変だなぁって思いましたが新卒を採用しました。

人を増やして強制的に自分を仕事を取って来なくてはならない状況に追い込む

で、仕事が足りなかったら必然と足りる様に成るにはどうしたらいいか考えて即行動するようになる

自分が行動しなかったら現状維持のまま

一人増えて、仕事も増える様になって

更に増える様に成ることを考えました

するとまた人を増やせるようになります

縫製工場は総合力の強い方がいい

そんな言葉も忘れられません

一人二人の工場だと出来る仕事って決まってしまいます

その出来る仕事が無かったら休むより仕方ありません

サンプルも縫えて、20枚くらいの仕事でも50枚でも100枚でも200枚でもできれば仕事を頼まれやすいですよね

だから、人が必要なんです

2年くらい前に「ミシンが余っているからあげようか?」って言われて

「使う人がいないから要りませんよ」って断ってた

あの時もらっておけばよかったなぁと、今頃後悔してる

やっぱりチャンスの女神は前髪しかないのか

しかし、次のチャンスは辛うじて前髪掴んでよかった

あれから1年でこれほど成長できたのだから

では、また~

いい歌だよー♪