全国アパレルものづくりサミット

どんないいセミナーや集まりに参加しても行動しなかったら何も変わらない。

こんにちは、ようやく冬っぽくなってきたので遂にパッチを穿いてしまったミズイデ(@fashionizumi)です。

冬には頭寒足熱にするとよく寝れるそうです。

 第4回 全国アパレルものづくりサミットにボクは出席します

いよいよ、来週の土曜日です。

早いもので今年で4回目、ボクは1回、2回、3回とも出席してきました。

去年のものづくりサミットへ行った時のブログはこちらです

国内製造業再生のヒントは何?

話しは違うけど、今日一人の女性が会社見学に来てくれました。

来年3月に服飾専門学校を卒業予定で縫製の仕事に就きたいと希望してる人でした。

着てきた服は自分で縫ったそうです。

それを聞いて、本当に縫うことが好きなんだなーと思って正直うれしかった。。

会社のことを説明していたら、「ブログ読んでます」って言われてそれもうれしかった。

こないだブログにもツイッターとかにも上げた犬服を見つけて、「これ、こないだのですね」って。

もう、ほとんど説明要らなかったです。(笑)

それで、その犬服の紐を通してある穴を見せて説明したら「どうやってるのですか?」だって。(^^)

そんなことがあって思ったんです。洋服を作れることってすごいことなんだって。

もっとこの仕事に誇りを持って、そして洋服を着てくれた人に喜んでもらえる仕事をしたいなぁと。

楽しんで仕事をする会社にすることが再生への道かなと思いました。

ものづくりサミットでそんな話をしたいですね。

今日はこれから練習に行くので以上です。

では、よい週末を~。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね