年の瀬って感じがしないけど、年末に思ったこと

2016.12.24

時々ボタンホールを頼まれている方から素敵なメッセージをいただき感激してます。

愛車セレナ2000年式から2006年式に変えました、断然運転しやすいので車に乗るのが楽しみなミズイデ(@fashionizumi)です。

 

CD聞いて感じたのは音がいい!それとブルートゥースなんて機能がついててiPhoneと同期したらハンズフリーで会話できちゃいました、マジでビックリですわ!既に10年前からこんな便利な機能があったなんて知らないって恐ろしいことです。

バックビューモニターもついてて車庫入れが楽々っす。(^^)

年末に思うこと

たしか、1996年頃だったと思います。日産セレナ(C23の後期型)を新車で買った。

車両価格で200万くらいしました。

その後、ハイエースバンに10年乗って軽に乗ってから何の因果か2000年式のセレナ(C24初期型)に2010年に出会ってから今まで乗ってきました。

そして、今年のクリスマスイブに2006年式セレナ(C25初期型)に乗ることができました。

別にセレナが好きってほどでもないんだけど、これも縁ですね。

ちなみに現行モデルはC27型です。ブレーキアシストとか便利な機能がついてます。

当然便利になってるし快適な運転ができるように進化しているから車両価格も上がってます。

一時期日産も倒産するんじゃないか?!って時を乗り越えて今は息を吹き返している模様。

今年話題だった赤ヘル広島カープのマツダ自動車も野球で優勝した勢いに乗じて好調らしいですね。

業績が悪かったのに回復しているのは新車を欲しいと思わせる何かがあるからだと思う。

逆に僕らの作っている洋服は値段が下がってます。

バブル景気の頃はカッコつけたいが為にこぞってブランド服買ってたのに、今は昔のように買わないし、売れない。

昔は1月に始まるバーゲンが楽しみでした。でも今は、もう毎日バーゲンです。

 新しい服を見に行くけど買わない。

先日ユニクロで見たブロックテックウォームイージージョガーパンツが3990円→2990円になっていて、急に寒くなってきたから一瞬買いそうになったけど思い止まりました。

で、今ネットで見たら2990円→1990円になってました。(苦笑)

イオン与野を見て歩いていたらもう福袋売っている店もあって、嘲笑を禁じ得ませんでした(笑)

何でそんなに安売りばっかりするのでしょうね、安いからって買わないのに。

最近のボクはSNS依存症と思われるくらい他からの情報は見ません、

それらを見ていても他の情報は履いて捨てるくらい入ってくるのに、洋服の情報ってあまり入ってきません。

メルマガ登録してもメール開かないですし、広告投稿も見ません。

そんな状況で見るのは友達からの情報だけです。ウザい(興味のない)のは即行ブロックします。

そんな中で安心して買える物があれば多分買います。

ボクは服が欲しくない訳じゃなくて、欲しい服が分からないだけだから。

2015.11.22-02

去年買ったインナーダウンベスト(Keisuke okunoya)は今年の冬も毎日着ています。

本当に暖かいんです。でも、それまでインナーダウンベストなんて欲しいと思っていなかった、そもそもそんな服知らなかったし。(笑)

多分、ユニクロにも似たようなカタチのダウンベスト売ってると思いますがそれは欲しくない。

奥ノ谷さんが縫製工場へ行ってどんな風にダウンを詰めるのか教えてくれたり、ユナイテッドアローズのビューティー&ユースのダウンベストよりもっと暖かいですよって紹介していたのと着てカッコ良さそうに見えたから買いました。

できればもう1着色違いで欲しいです。

でも、もう売っていないから買えません。

あれだけヒットしても二度と同じモノは作らない服。買って良かったと思わせてくれるブランドっす。

昔、DCブランドが流行った時はその服を着ることで何だかいい気分になれたような気がします。

だから、今の服にもそう思わせてくれる何かがあればいいんじゃないかなぁと思う。

ただ、日本製だけだと「ダカラナニ?」ってなると思います。

その服を着ることによって得られる何かが無いと売れないんだろうなーなんて思いました。

僕らは着用してくれた人に満足してもらえるように縫うだけです。

 

終わりなき旅♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね