家庭用ミシン糸と工業用ミシン糸って長さと種類が違うんです

フジックスKINGシリーズのミシン糸

おはようございます、縫製屋ブログ書いてるミズイデ(@fashionizumi)です。

今日から、2017年2月です。今月も発信しますよー。

 僕らが使っているミシン糸は工業用ミシン糸

昨日のブログに貼ったボタンホールミシンの20秒の動画を投稿したツイート。

これをどこで見たのかよく分かってませんが、ブログなのかツイッターなのか?

結構の数の人が見てくれてました。

その中の1人の方から、なんとインスタグラムでメッセージが届きました。

よく分からないけど、ブログでツイートを見てインスタでフォローしてもらってメッセージが届いた。

そんな感じです。

その方のインスタをフォローして写真を見たら同じサンプルを縫う仕事を自分でアトリエ作ってやっていました。

どんなメッセージかって言うと、ミシン糸のこと。

エースクラウンハイパーってミシン糸をお客様から指定されての話。

エースクラウンハイパーと、エースクラウンの違いはよくわかりません。(笑)

正直にそう答えました。

2015.07.31-05

僕らが使っているミシン糸の本縫い用はポリエステル糸です。光沢がある糸、フィラメント糸とも呼んでいます。

方やスパン糸もあります、それはケバケバしていて光沢がありません。

うちでは90番手スパン糸をロックミシン糸として使っています。

で、エースクラウンハイパーの話に戻ります。

エースクラウンハイパーはフィラメント糸とスパン糸のあいのこって思っています。

用途はパッカリングが起き難い糸ってメーカーさんは謳っています。

そもそもパッカリングとはナニ?

パッカリングとは縫い吊れ、縫いズレ、縫い縮のことで縫い目がピリついて見える現象のこと。

エースクラウンハイパーを使えば糸自体が収縮するので生地が熱によって収縮しても一緒に馴染むのでパッカリングになり難いと言われています。

値段は若干エースクラウンハイパーの方が性能の分高いです。

僕らは、全部普通のエースクラウン糸60番手で縫っていますが問題はないようです。

実は、うちも前に指定されて購入しましたがその時しか買いませんでした。

今のお客様からはエースクラウンでもキングでも問題は無いと言ってもらっています。

 ミシン糸メーカーはエースクラウンとキング(フジックス)の2社が有名

他にもありますが、うちではエースクラウンとキング(フジックス)を使っています。

ホームソーイング用の糸はフジックスが多いようですね、しかも小さい巻きの糸。

うちで使っている糸は60番手。50番手は3000m巻です。

黒と生成りは5000m巻、ロック糸は10000m巻を使っています。

エースクラウンの話をしたのでキング(フジックス)の話もします。

キング(フジックス)もフィラメント糸とスパン糸があってあいのこをキングFitって呼んでいます。

キングFit
キングFit
キングスパン糸
キングスパン糸
キングフィラメント糸
キングフィラメント糸

どちらかと言うと、キングFitの方が認知度が高いのかな?うちでも結構使っています。

あと、キング(フジックス)はキングレジロン糸が有名です。

キングレジロン糸はストレッチ素材によく使われます、糸が伸びるんです。

 工業用ミシン糸はどこで買えるの?

ユザワヤさんとかオカダヤさんでも売っているんですけど、色や種類が少なくて困っている方は糸屋さんがオススメ。

埼玉県は川越の小鷹糸店さんで買えます。個人の方でも買えると思いますよ。

さいたま市桜区から車で30分で行けるので急ぎの時は買いに行ってしまいます。もう所狭しと糸が置いてありますが、エースクラウンの糸が強い糸屋さんでキングは取り寄せ、エースクラウンも60番手は取り寄せになります。

ネットだと、宮崎県の糸屋さんが便利ですね。配達に中2日は掛かるようです。

東京都は練馬区と大田区にある大井糸店さんがあります。キング(フジックス)系の糸が強い糸屋さん(ネットで検索するとタウンページ的なサイトで見つかります)

馬喰町にあるシラカワさんも有名ですね。

ついでに、糸のことが知りたい人へエースクラウンの大貫繊維さんのサイト。

キング(フジックス)さんのサイト

ちなみ、色の数430色あります、在庫の管理が結構大変です。置き場所もね。

そんなミシン糸の話でした。

 

糸♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket