*

今時のオッサンは使えない!と思われないようにガンバリマス。

こんにちは、さいたま市の縫製工房ファッションいずみのミズイデ(@fashionizumi)です。

ゴールデンウィークの予定はとりあえず温泉には行きたい。No.595

 近頃では仕事で電話もFAXも使わなくなってきました

本当に最近では電話が掛かってこなくなりました。

電話してくるのはお直しとかボタンホールの問合せか、迷惑でしかない今時まだキャッチセールス。(苦笑)

 

先日、ツイッターに洋服のお直しの問合せメッセージが入った。

同じさいたま市桜区にお住まいの方でした。

そんな感じでつながることが増えてます。

まさか、そんなことが起こるなんて想像してなかったのでマジでびっくりです。

この前もお直しを持ってきてくれた方から「ツイッター見てます♪」って言われました。

そんな出来事を挙げたらまさに枚挙に暇がないくらい増えてます。

電話営業とかセールスメールとかでよくあるのがウェブ関連会社からの「SEO対策はもうお済みですか?」

この言葉を聞くと、ついそんなの意味ないんじゃね?って心の中で思ってます。

つい一昔前までは、例えばウェブサイトに「縫製工場」のワードが多ければ多いほど検索の上位に表示されるとか聞きましたが、今はそんなこと無いんじゃないかなって思います。無駄とは言わないけどそんなサイトを見ると一瞬でウザイと感じてしまうのはボクだけではないと思います。

そもそも業者に頼むほどのお金がないから自分でやってるんですけどね。

どうやらそれが一番いい方法みたいだと思った。

業者に頼むと色々な技があるんでしょうけど、要は作られている訳ですよね。

人任せにしては作られた感が出ちゃうとボクは思います。作られた=胡散臭い。

結局は自分が伝えたいことって自分の言葉で伝えなかったら伝わらないんだと思う。

今までこの業界で生きてきて、何故か本音を言わない人が多いとボクは思った。

縫製工場を探してる人、例えばアパレルメーカーの人だとします。

その人は当然ネットで検索してヒットした工場に電話します。

ボクなら縫ってくれる工場なら何処でも構わない人に電話してきて欲しくないと思っています。

だから、個を出してブログとかツイッターとかフェイスブックとかインスタとかで発信しています。

本音を言わないと思ったのは、縫製加工賃のこと。

多分ですけど、縫製加工賃ができるだけ安く縫ってもらいたい訳です。

僕らは仕事は欲しいけどアワナイ仕事はやりたくありません。

それには、「縫製工場」と一括りで捉えている人だと加工賃が安くできる工場が見つかればそっちに行ってしまうんだろうなーって思うんですね。

だから、そこの中には入りたくない。

そこまでは解ったんですけど、あとはうちを頼りにしてくれるお客様を増やして行くだけですね。

 まとめ

これから縫う山内さんとはLINE@で、

多分これからも縫うであろうPhablicxkazuiの瀧澤さんとは主にFacebookメッセンジャーとiPhoneで連絡を取り合ってます。

他も同じように連絡はSNSとかを使ってる。

昔アパレルメーカーの生産担当者と電話で毎回出だしは決まり文句で「ファッションいずみの水出です。いつも大変お世話になっております。(主従関係で心がない感じでした)」とか言ってた頃が懐かしい。

今も電話の時はそんな出だしで始まりますが、主従関係ではないと思ってます。

どっちの方が本音で語ってるかは、お分かりになってもらえると思います。

ちゃんと想いを伝えたい時には電話もしますが、業務連絡などは便利なツールを使ったほうが早いじゃないですか。

だから、自然と使ってます。

若い人たちとつながるには今時のツールを使えないと、

「今時のオッサンは使えねー!」とか言われないようにガンバリマス。

そして、仕事を楽しくやっていこうと思います。

今日は以上です。

じゃ練習いってきまーす!

楽しい週末をー♪

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
自分の得意なこと好きなことを発信すると信用が得られる。

こんばんは、夏でもエアコンより扇風機が好きな昭和39年生まれのミズイデ

縫製工場には広い裁断場が必要不可欠な理由

こんばんは、海の日なのに仕事しているミズイデ(@fashionizum

エクスマという考え方に出会ってからボクはどう変わったのか

こんにちは、夏が大好きなミズイデ(@fashionizumi)です。

今から29年前25歳だったボクは生き生きとしてたのを思い出した件

こんばんは、今日は伊豆長岡温泉にSNSの強化合宿に来ているミズイデ(@

縫製職人とはアイロン職人でもある
縫製工場を大きくしたいと思って散々失敗をしてきました。

こんばんは、今朝体重を計ったら66.2㎏でほっとしたミズイデ(@fas

  • 公式LINE@バーコード

    2017.06.14-02
  • 2018年7月
    M T W T F S S
    « Jun    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031