僕が仕事のことをあまりSNSに上げない理由

こんばんは、今日はブログを10分で書こうと思っているミズイデ(@fashionizumi)です。ウソです。No.897

文旦が好きな僕のために剥いてくれてありました。奥さんにはいつも感謝です。

僕が仕事のことをあまりSNSに上げない理由

昨日の夕方、スタッフが急に体調が悪くなり電車に乗るのが辛そうだったので自宅まで送り届けてきました。

Twitterに文旦食べたとか深谷市までドライブしたとか上げてます。洋服のお直しも上げてますが仕事ネタはあまり上げてません。その理由はもうほとんど上げてしまったから。っていうのはウソで、洋服を上げたら怒られるかと言うとそうでもないです。でも上げても面白くなさそうなので上げてないというのが本心です。

こう見えて、人の投稿とかみるんですね。そうするとその人の仕事ネタばっかりの人は1回か2回くらいまでは興味を持ってみるけれど、そればっかりだと飽きちゃう。そうじゃないですか?いやいや人の仕事ってみんな同じに見えちゃうでしょ、毎回同じだと飽きちゃう。毎日同じメニューだと飽きてしまうように。

日曜日の晩御飯は生春巻きが美味しかった。

あれ、もう20分経ってしまった。これだけ書くのに20分も掛かってしまいました。

ってことでこれから奥さんが飲む淡麗プラチナダブルを買いにヤオコーへ行かないと閉まっちゃうのでここまで。

今日は以上です。お疲れ様でした。

では、またですね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね