仕事を楽しんで新しいことにも挑戦して周りにいる人を笑顔にしたいから僕は発信している。

こんばんは、6月は結構真面目にブログ書いたつもりでいたらそれ程でもなかったけど昨日の奥ノ谷さんのブログに紹介していただき恐悦至極に存じているミズイデ(@fashionizumi)です。No.943

ゼッタイに読んでね!

ブログ、SNS、ライブ配信、ラジオ、おくラヂヲ、ニュースサイト、テレビ、そして本。どこをどう引っこ抜いても短パン社長。もちろんリアルでもね。

感無量とはこのことですね。これからも読んでもらえるようにがんばろう!

仕事を楽しんで新しいことにも挑戦して周りにいる人を笑顔にしたいから僕は発信している。

明日はまた千駄ヶ谷へ行くぞ!

自分の仕事に悩んでる暇があったらこのブログを読もう!

常日頃から先ずは自分から与えようと思っている。笑顔だったりお賽銭だったりね、できることからしています。

与えてくれる人もいれば逆に奪う人もいます。時間だったり僕らのことを自分の都合よく使うだけの人。3回くらいは我慢するけど4回目はもうありません。僕はまだまだですね。

発信していれば必ず見ていてくれる人がいる。

まだまだ小さなブランドさんだけど本当に洋服が好きなんだなって思う人と一緒に仕事ができてうれしかった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

暖かくなり20AWがちらほら上がり始める時期がやってきました。 一番乗りは埼玉県産のアウター君。 難しい仕様だったのですが、 惚れ惚れする仕上がりで毎度脱帽です。 どうしても一緒にお仕事がしたくて何度も工場へ訪ねていた頃が少し懐かしいです。 思い入れのある生地を託したい人達に仕立ててもらい、作る人の顔がはっきり見える暖かいお洋服になりました。 細かく踏んでいる目に見えないプロセスや産地や工場技術の素晴らしさもまたちょっとずつ綴って行こうとおもいます。 少なくとも僕はこの人達が居ないと本当に伝えたい洋服の顔は作れないです。 工場さんからはお手製の素敵な麻のマスクまで入れていただいて大感謝です。 やっぱり人と人ですね。 #tilttheauthentics #fashion #mensfashion #tokyofashion #20aw

tilt The authentics(@tilt_the_authentics)がシェアした投稿 –

よく、SNSなんて暇人のやることだなんて目にするけど。僕はそうは思わない。知ってもらうための有効な手段を他に知らないからSNSを使って毎日発信している。

そんなことを続けていたらこのブランドさんからオファーがきた。

大概のブランドさんは当社まで来てくれた時にお話を聞くと、その他多くの工場とうちを同じ目線で見ているのがよくわかるのでできるだけやりたくないオーラで話をするようになった。散々嫌な目にあってきたから。それってオレが性格悪いって向こうは言ってくるんだけどオレを都合よく使おうとしてるだけじゃんて。あ、性格悪いね笑。

で、偶にこんな人と出会えるから楽しい。

洋服を作ることは好きだけど僕らが食えないようじゃ楽しくないし、楽しくない仕事は仕事じゃないのだと思う。だから楽しくできる仕事をこれからもしていこう。

ツマンナイ仕事をしてた時は東京へ遊びに行こうなんて思いもしなかった。人生を楽しみたい明日が楽しみで仕方がないオレでした。今日は以上です。

自分を信じたなら ほら未来が動き出す。って歌詞が好き。

今はコロナ問題で出歩くのもアレな時期です。お直しをどこに頼んだらいいのか悩んだりお店を探して持って行ったりする時間がもったいないと感じたら、おおよその料金を確認するのがスマホひとつでできてしまいます。洋服のお直しで困ったあなた今すぐファッションいずみ公式LINEアカウントが簡単で便利。登録は下の友達追加ボタンをクリックするだけ。

友だち追加

LINEで直したい洋服の写真を全体・部分・更に寄りで。3枚送ってください。更にリメイクの場合イメージ画を描いてもらえるとお見積もり出しやすいです。

洋服を送るのに畳んで小さくなる洋服ならレターパックが便利です。それかコンビニから宅配便で送ってね。

洋服お直しが完了(お預かりして1週間くらい)したら、レターパックか佐川急便で送ります。お支払いはPayPayが便利です。お振込みでも大丈夫。

お気軽に相談してください。

メールでのお問合せはのバナーをクリックして下さい。メールフォームが開きます。

電話でのお問合せは平日10時から18時までとさせていただいてます。

〒338-0812埼玉県さいたま市桜区神田154-4-2F

営業時間平日8:00~18:00 土曜日要予約・日曜祝祭日定休。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね