ダイヤスプレーガンの修理で困った

ダイヤスプレーガンの修理で困った時

おはようございます、ミズイデ@fashionizumiです。

縫製工場(当社)では、生地が汚れた時に汚れを落とすのにダイヤスプレーガンを使っています。

しかし、この機械が結構なお値段22,000円(+消費税)もするのにかなりの頻度で故障するので困っていました。

そこで今日は、スプレーガン修理で助かったことを書きますね。

ダイヤスプレーガン(しみ抜き機)の故障の原因

今使っているダイヤスプレーガンは5代目だっただろうか、

もう今までで4台も壊れて、5台目を買ったのが1年くらい前でした。

それなのにもう壊れてしまって保証期間ってないのか?

今更そんなことを言っていても直る訳もなく、解決策を探した=ネットで

すると「ダイヤスプレーガン修理」で検索したらありました!まさに一発ビンゴ!!

その会社は群馬県桐生市にある大縄機料株式会社様です。

直ぐにネットで修理依頼のメールを出したら、直ぐに返事があったかなりレスポンスがいい。

見積りも分かりやすく好印象の会社さんでした。

修理出して完了までも中1日とこれもレスポンスがいい!最高でした。

そして、故障の原因まで細かく書いてくれてその対応策までも教えてくれたのです

 故障の原因は使っていた溶剤でした

使っていた溶剤はソルビー液の旧タイプでそれに金属を腐食させる成分が入っているから使わない様にと記してありました。

旧タイプは内容量の表示単位が「kg」で、「L」(リットル)表記が新しいタイプですよ。

しかし、電話で確認したところソルビー液は成分が不安定らしく、

別の会社のTNクリーナー液は割安で安定していて安心だと言われたので、その液を一斗缶(20kg入り)15,000円+税を買いました。

前のソルビー液が少し残っているのだけど廃棄しました、どうも使っていて臭いがキツク手に着くと若干沁みる等違和感があったのも納得です。

これで、故障しないで長く使えるでしょう。

ちなみに購入したのは糸屋さんからで、

糸屋さんに言っても分からないので、製造している会社を調べてみたりしたけど、

結局は「ダイヤスプレーガン修理」で検索、これで即解決。

本当にネットが便利な時代ですね。

もし、ダイヤスプレーガン修理で困っていたら大縄機料株式会社様に是非お問い合わせてみてください。

今日お伝えしたかったことは以上です。

では、また。