グーグル検索は常に進化していて便利、それって僕らにも言えること

Googleシークレットモードで「縫製工場」と検索した1ページ目の画
Googleシークレットモードで「縫製工場」と検索した1ページ目の画

Googleシークレットモードで「縫製工場」と検索した1ページ目の画

2000年登録の日産セレナを点検に出して代車の新型ノートに乗ってみたら

今の車ってすごいですね、アイドリングストップとかカメラとかナビも進化してました

まさに日進月歩ですね、おはようございます、それに比べ相も変わらずの十年一日なミズイデ@fashionizumiです。

グーグル検索は常に進化して便利だ、それって僕らにも言えること

グーグルで定期的?気がむいた時にふと「縫製工場」で検索している(シークレットモードで)

そしたらあのSDfactoryが1ページ目1番に表示されてた

それを見た時、OK,Google!!て言ってしまった。

なぜなら、縫製工場を探している人にとって今、一番便利なサイトがSDfactoryだとボクは思うから

多分多くの方がそう思うはず

ボクは何かにつけて直ぐにググる

脳が退化してきているから1日に10回以上はググってる

それだけググると調べたい知りたい案件一つについて2ページ目に行くってことはあまりしない

1ページ目に知りたい情報とカケハナレタサイトばかり表示されてしまうとイラッとなる

多くの人も同じだと思う

Googleを使う目的はただ一つ知りたい情報を探すこと

それに最も近い情報を提供することが良いサービスで

知りたいのはそんなことじゃないよ!って思われたらだんだん使われなくなってしまうのはアタリマエです

少し前に同じ「縫製工場」でググった時「ナンデこれが1ページ目1番なの???????????」そんなのがずーっと続いてた

もう、ヤフーに替えてやるくらいに思いました

しかし、もう安心ですボクはGoogle派です

僕らの仕事もお客様に必要とされなくなったら

国内縫製工場が減り続けています、現在も進行中です

先日、洋服のお直しで礼服ジャケットのボタンホールが長年着ているから解れてきてしまって直せますか?

そんなことがあった

もう、20年以上は着ているらしいけど全然まだ着られるいい仕立て服

ボタンホールをかがり直したら、また着られるって喜んでました。

ボクは去年礼服を買い替えました、虫食いとか体形変化できつくなってきたから

欲しくなかったけれど仕方なくです、しかし、値段見たら驚くほど安かった

でも、もう一生買わないで済むでしょう

他の洋服も同じだと思う

普通のありきたりの洋服はみんな1着は持っていてもう要らないのに

新規で必要となる世代は少子化で需要が減っているのに

まだまだどんどん作っている?そんな感じのような気がする

礼服なんてほぼマシーンメイドで効率化して安く大量に作って安く売る

いつかは在庫過多になるハズのように思います

本当に品質もいいし価格も安い、だけど要らないものは買いません

言い得て妙

いつも楽しく読ませていただいているブログがある

そのブログで昨日「ホントだ!!」って心から思ったこと書いてあったので紹介します

忘れないで~♪

短いので全文引用

かつての大手総合アパレル各社の存在感が年々薄れていると感じる。
オンワード樫山で今「旬」と言われるブランドを挙げろと言われたら思いつかない。テレビ、雑誌、新聞などのメディアであまり報道されることもないし、ウェブ上でも話題になることがほとんどない。

あるPR業者によると10代から30代の若い層にとってオンワード樫山の知名度は恐ろしく低くなってしまっているという。

ワールド、イトキン、ファイブフォックスも同じだ。
ワールドやイトキンの名前がメディアに踊るのは、ブランド閉鎖とかリストラとか身売りとかそういうマイナスのニュースばかりだ。
じゃあ展開しているブランドはどうかというと、実際の売上高は別として、「あのブランドかっこいい」とか「あのブランド素敵」と言われるようなブランドは何一つない。

ファイブフォックスは相変わらずのメディア嫌いで良くも悪くもほとんど報道されない。
かつてはファッション雑誌には重宝されていたが、今ではファッション雑誌にも登場することがまれになっている。

TSIは悪いニュースも多いが傘下ブランドが元気なのでそれらの露出はある。ローズバッド、ナノユニバース、マーガレットハウエルなどだ。

好き嫌いは別にしてユニクロ、しまむら、ストライプインター、アダストリア、ジーユー、無印良品などはメディアへの露出度が高い。
消費者だって彼らの名前は覚えるけど、ほとんど露出しない大手アパレルの名前はどんどん忘れていく。
人間は忘れる生き物だからだ。

大手総合アパレルが売れないのは、露出が減りすぎて忘れられているという要因もあるのではないか。またユニクロなどの低価格SPAブランドの売上高がそれなりの規模で維持できているのは露出が多くて消費者に認知が深まっているからではないか。

大手各社は広報・プレスのあり方を見直すべきではないか。このままでは消費者に存在を忘れ去られる一方である。

 

繊維産業ブログでおなじみの南充浩さんが書いている

読んで直ぐにその通りだ!言い得て妙だ!この人スゲーな!!って思った

つい10年くらい前ならインディヴィとかAQとか組曲とか結構出てきたけど

最近はマジでないな

ナンデ見なくなった、情報が入って来なくなったんだろう

興味が無いにしても少しは目にする事があったのに

テレビを見なくなったからか?それもあるが

一番はブランド自体に魅力がナクナッタノでしょう

似たような洋服が溢れているから

洋服が欲しい

安くもなく高くもないお値打ち価格で、しかもコスパが高くてカッコいい服だったらボクは欲しい

それが無名のブランドでも買う

でも、買うにしても知らなかったら買う由もない

でも、昔のように一方的な宣伝とかは見ない

SNSに出てくる広告はマジでウザい

あと、インディーズブランドのデザイナーさんがfacebookとかに自分のブランドの売込みみたいな投稿ばかりしているとうっとうしいのでブロックしてます(笑)

もっと言うと、ブログ書いてそのリンクも貼っても意味ないし見ないし・・・

ボクんちに来る洋服のお直しのお客さんは皆さん口コミで広がって来てくれてます

まあレベルは低いけどゼロじゃない、ボタンホールのお客さんもスゴク増えてる

宣伝広告費ゼロ円

SNSを手間暇かけて少し真面目にやってる

ボクの周りで繁盛している人も同じような感じだ

ボクは自分ちのお直しいいでしょ!なんて言わない

だけど、うちに来てくれたお客さんがそのお友達に広めてくれているみたい

だって、本当にそうなんだもん

友達の紹介だから安心してくれて来てくれる、その心理分かります

ボクもそう思うから

友達があのラーメン屋美味いよ!って言ってたら行きますもん

洋服が売れない時代に売れているブランド産地もあります

ボクが知る限りの話ですが、売れているブランドのデザイナーさんとかの人柄はいい人ばかりです

本当にいい人だと思う

応援したくなる人柄なんですね

間違っても縫製工場に上からな横柄な態度も取らないし加工賃を踏み倒すなんてことはゼッタイにしません

縫製工場側のミスで直しが発生しても着払いで送り返すってこともしないです。(恐縮です)

だから、縫製工場を大事にしてあげれば洋服も売れるようになるんじゃないかな(笑)

ボクが言いたかったのはそんな戯言でした~

では、また

by thank you

巡り合いの中で生きてく~♪