浅草は何度も行ったけど焼肉「大福園」が美味しいことくらいしか知りません

2016.10.05

 ボクが初めて浅草に行ったのは忘れもしない12歳(小6)の暮れでした。

家族で浅草の鷲神社の酉の市へ行ったんですが、さすが酉の市発祥の地で混み方が半端なかったからもう人の波に流されるがままで家族とハグレテシマッテ人生初の迷子になりました。

迷子になって仕方なかったから駅の前で待っていても親とは合えず、お巡りさんに保護されてうちに電話してもらったら、なんとボクを置いて家に帰ってたんです。マジかーって思ったのは今でも忘れられない思い出です。

今年の酉の市は11月11日と23日です。

ちなみにさいたま市の大宮氷川神社では12月10日(十日まち)、浦和調神社は12月12日(十二日まち)が酉の市みたいな祭りです。

結構にぎわいますよ。

浅草には何度も行ったことあるけど焼肉「大福園」が美味いってことくらいしか知りません

おはようございます、浅草はもう何度も行ったけど全然詳しくないミズイデ(@fashionizumi)です。

ただ一つだけ知っていることは焼肉「大福園」は美味いっす。焼肉行くなら「大福園」です。

オススメはタン塩と塩カルビからのミノ、タン塩は冷凍じゃない生肉で肉厚、こんなタン塩は他じゃ食べたことない。

とりあえず生ビールとタン塩それだけでOK!カクテキとナムルはお通しですよ。

場所は浅草ビューホテルの道を挟んで真向いの路地を入ったら直ぐあります。また行きたーーーい!

何度食べても美味い美味過ぎる焼肉店@浅草「大福園」
何度食べても美味い美味過ぎる焼肉店@浅草「大福園」in2016.01.17 ちなみに食べる前の顔

 大福園は小林縫製の小林君(同い年)に教えてもらった

大福園を知ったのはもうかれこれ30年くらい前になるのかな?

同じ縫製工場の仲間の会「二友会」で知り合った浅草の小林縫製さんの小林君がいきつけの店で、20代の頃初めて行ってからもう何十回と食べてます。

二友会の会合が浅草で開催されるときには決まって懇親会は「大福園」からの二次会はラーメンとか、そう小林君はラーメン丸って呼ばれるくらいのラーメン好き。浅草界隈のラーメン屋にも何軒か連れて行ってもらったけど、それはあんまり覚えてません。

何度か結婚前の頃、帰れなくなって泊めてもらったこともありました。

そうそう、小林君の結婚式が浅草ビューホテルであって、その後の二次会も「大福園」行ったなー。

それだけ大福園が好きなボクです。

浅草行ったら是非焼肉「大福園」をオススメします。だいたい飲んで食べて一人5,000円くらいかなー。

今日お伝えしたいことは以上です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね