新人スタッフが、わずか3ヶ月で立派に成長してくれました

2015.07.11-01
稲がすくすくと成長しています

入社試験日

おはようございます
2015年7月18日土曜日、曇り時々晴れ午前11時現在の気温29℃のさいたま市桜区です。
今日はファッションいずみの入社試験を行っております
実技試験の説明は今年3月に入社して早4ヶ月目の1年生スタッフにお願いしました。

課題はスカートの裏地縫いです

縫ってロックしてアイロンして裾上げまで
自信を持って説明できてました。(1年生ですが)
もうお給料をもらっている立派なプロに育っています
僅か4ヶ月です
本人の日々の努力の賜物です
入ったばかりの時は、ミシンの踏み方もおぼつかない感じでした
ギコチナイ、硬い、肩に力が入ってた
それが、力が抜けていい感じになってます
そりゃベテランさんみたいにフルスロットルではまだまだできませんが
アイロン作業もばっちりでしたよ
スピードこそ無いですが、何しろ仕事が丁寧できれい
1年生でこれだけできればまずまずですな

入社試験日に確実に人は成長することを実感できて
とても良い誕生日にもなりました

Facebook Twitterのフォローよろしくお願いします

Facebookでたくさんの方々からメッセージをいただいております
とても有り難いことですし、本当にうれしい誕生日を過ごしています
もし、よろしければFacebookのフォロー大歓迎です
よろしくお願いします
51になり天命を探しているボクでした(笑)

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket