ヤラナイ言い訳を探すのはもうやめます

こんばんはー、ミズイデ(@fashionizumi)です。

今週もお疲れ様でした。

今日は、書きます。No.425

 ヤラナイ言い訳を探すのはもうやめます

6月になってから始めた看板、これはツイッター上で#黒板同盟の人たちが楽しそうに毎日黒板に書いているのを見て楽しそうだなーって思って、

よし、やってみよう!そう思って始めて見ました。

興味がある方はツイッターで #黒板同盟 でエゴサーチ掛けてみて。楽しいと思いますよ♪

特にこの方の黒板はオモシロイっす。

 

東京西麻布でバーを経営している木曽さんが、この黒板を書いてツイッターとかSNSに上げたら、オモシロイなこれ!って思った人たちが増えて、

それで拡散してお客さんが増えたんだって。

今では東京の観光スポットにまでなっているとかいないとか。

ボクもいつかは行ってみたいと思っています。

 何でも面白がってやってみよう

この黒板書いている木曽さんを知ったのは、短パン社長のSNSの発信を見て。

ボクは、もう何度も短パン社長のセミナーに行ってます。

その度に、聞いて終わってる自分。

何かやっているの?と聞かれたら、ブログを続けていることくらいです。

それでうちをもっと知ってもらおうと考えて、なんかやってみようかなーって思ったのが、黒板でした。

思ったら先ずやってみよう!そう言ってました。(短パン社長が)

決断より行動。

もうね、何書いたらいいのか最初は考え過ぎちゃって悩みました。

そんな時に、頭に浮かんだ言葉が「あなたの日常は他の人の非日常」

そうか、自分の生活の中でどこかを切り取って書いたらいいんだ!そう思って書いたのがこちら。

 

ボクにしては、まあまあいいねもらえたツイートです。

書き始めた時は、誰も見ないでしょ。とか、書いても無駄なんじゃないの?とか。

もう、途中続けるの辞めようと何度も思いました、(まだ始めたばかりなのに)

でも、それって辞めたい言い訳探してるってことでしょって思った。

やってみてダメだったらもっと反応が出るような言葉を考えればいい。

だけど、そこで止めてしまったら今までと何も変わらないもん。

正直、看板書いたからってお客さんが激増したかって言えば全然です。(苦笑)

でも、とりあえずまだ続いてます。

月曜日も書きます!

うちに興味を持ってもらうために。

もう、短パン社長サイコーです。

 

また、来月短パン社長のセミナー楽しみだな。

今日は以上です。

明日は、久しぶりに卓球の練習してこよう!そうしよう。

では、また。

 

さあ、うちに帰って乾杯しよう♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね