日本モデリスト協会技術研修会へ行って良かった件

こんばんは、チキンハートのミズイデ(@fashionizumi)です。

今日、卓球の試合で弱気の虫がうじゃうじゃ湧いて来てしまってあー情けなかった。

自分のことしか考えていないからそうなるんです。(反省)No.501

 日本モデリスト協会技術研修会へ行って良かった

日本モデリスト協会の技術研修会すごく良かった。しかし、縫製工場の人少なかったー。

みんなパターンができるから必要ないのかな?

ボクは去年も参加しました。

その時のブログはコチラです。

縫製工場の人たちって卑屈になっている人が多いっすよね!?

 

 

 

 

 

まあざっと、こんな感じです。

あと、日本バイリーンの高橋さんの接着芯のお話もありました。

その中で、柴山先生のシャツのパターンと縫製。

パターンが引けて、縫製もできるって最高だなって思いました。

少し光明が見えたよー!

パターンの勉強します。少しずつやります。

 知っている人がいると有り難い

何時からつながったんだろう。

もう10年以上も前のことかな。

セコリジャパンスクールの先生の西山さんと懇親会でお話ししました。

大阪から来てくれはりました。

ずっと聞きたかったのは、最近洋裁教室を始められてウェブサイトを作っていたのを見たんですね。

それはコチラ

洋裁・パターンを楽しく学べる教室|大阪市本町近く-Sotto https://www.sottostyle.com/

すごくよくできるなーって思ったので、プロに頼んだのかと思ったら西山さんが作ったそうです。

それは、ボクが紹介したJindoでってうれしかったー。

皆さんJindo使えばこんな素敵なウェブサイト自分で作れちゃいますよー!

Jindo proコースなら年間11340円です。

そして、もう一つ聞きたかったこと。

それは洋裁教室のこと。

ボクも最近洋裁塾、縫製塾を始めたからいろいろと教えてもらいました。

同じことを西と東で始めて、これからもこんな動きが起こればいいなって思っています。

そしてお互いが連携して新しい何かができたら最高ですよね。

やっぱり、行ってきてよかったー。

花の都大東京新宿駅までは与野本町駅から埼京線各駅で35分足らず。

近いなーって思った。

大阪からとか金沢とか名古屋とか全国から来てくれている人に会えるんだから。

行動すると何かが変わる。そんなことを思った日曜日午後11時前。

さ、帰って晩飯食べよ。

お疲れ様でした。

では、またー。

残りの日曜日を楽しみます。

 

悲しみの果ては
素晴らしい日々を
送っていこうぜ oh yeah…♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket