人は今を生きることしかできませんって、その通りだなって思いました

こんばんは、今朝は体重が65.7kgでうれしかったミズイデ(@fashionizumi)です。

よし、明日と明後日は伊豆でいっぱい食べるぞ!No.559

 人は今を生きることしかできませんって、その通りだなって思いました

いつも藤村先生のツイートには何だか癒されているような感じです。

ボクはずっと不安を抱いて生きてきてしまいました。

そんな時に「起こってもいないことを悩んだって仕方がない、起こってから考えろ」松ノ木親方に言われた言葉です。

ずっとずっと心に残っています。

失敗した過去も引きずってしまうタイプです。(苦笑)

それでも、不安は消えることはありませんでした。

何故なら仕事が入ってくる保障が何処にもなかったからです。

そんなのは誰にも分からないよ!って言われそう。

そうそれから仕事を頼まれるように考えました。

で、行き着いたのが藤村先生のツイートを読むこと。そして自分なりに理解して行動してダメなところを修正する。

ブログの書き方だったり、ツイートの書き方とかね。

そんなことの繰り返しをしてきました。

傍から見たら何遊んでるの?って言われてもおかしくない程パソコンの前から動かない、動けない。

iPhoneを常にチェック。

そんなことをしているんだったら裁断すればって、ミシンをアイロンを手伝いなよって、

一度も言わなかった奥さんに感謝です。(ありがとう)

今日は以上です。

明日から伊豆の国市初上陸します。

これも、元を辿れば藤村先生に行き着きます。

よかったら、藤村先生のツイート読んでくださいね。

人柄のいい人になれるようにガンバリマス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どどどどどドラえもん♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket