縫製工場に来てくれるだけでうれしい

こんばんは、安部礼司の奥さん優ちゃんが出て行った理由が気になってしょうがないミズイデ(@fashionizumi)です。

今日は、天気が悪く午後から雨が強く降ってきたさいたま市桜区でした。

平日は書けそうもないから今日もブログ書きます。No.608

  衣替えして断捨離しました

今日ユニクロに行って きて、昔買った服をリサイクルボックスに入れてきました。肌着です。

連休中に衣替えした時に出てきてもう着ないと思ったから。入れる場所もないし。

他にもなんでこんな服を買ったんだろう?見て恥ずかしくなる服も捨てました。

その時は欲しいと思ったんだとよね、自分のことながらこれを着てたのかと思うと恥ずかしくて仕方がなかった。

自分が見えていなかったのだと思う。

気がつくと最近ではこんなコーデが一番落ち着きますね。

服を衣替えして整理してた時にダサいと思ったのは安くてよく分からない服。

結局シンプルな服でしっかりと作ってある服が好きかな。

ボクには僕なりの好みのスタイルが一応あるんですが、この服に出会うまではどこにも売っていなかった。

今日、ユニクロでTシャツ見てきた。ジャンプのTシャツが結構人気みたいだった。

あ、ボクは見ただけね。

MUJIもシンプルなTシャツ良さげに見えたけど買わなかった。

なんでだろう、1980円で安いのに欲しいとはこれっぽっちも思わないという。

じゃなんで見に行くのか。

偶に欲しいと思うものがあるかも知れないから。

今着ているグレーのパーカーはMUJIで買いました。

ジーンズに白の乳首が透けないTシャツとこの時期まだ寒いから上に羽織るのにちょうどいいからね、それかグリーンのカーディガン。ヘビロテです。

毎日着てると傷むので、MUJIのは雑に扱っても大丈夫だから助かります。

 縫製工場に来てくれるだけでうれしい

洋服ってただ着れればいいって人もいるんだろうけど、

ボクは少しだけ違う。

このTシャツも徳さんに、「それがカッコいいと思うその気持ちが分からない」って言われた。

別にいいんです。自分がカッコいいと思えればそれでいいんです。

たぶん、作った人の気持ちが分かる人と全く分からない人の違いかなって思う。

でね、先日うちの工場まで来てくれたデザイナーの山内さん。

うちで「山内」のブランドの服を縫わせてもらってるんですけど、

年々オーダー数が増えてるのを見て、正直「すごいな、結構な値段するのにこんなに売れるんだ!」って思いました。

その日に山内さんが着ていた黒いシャツも自分でデザインして自分で縫ったもの。

自分が着たいと思った服を自分で作ってそれに共感してくれた人が買ってくれる。

いい感じですよね。ていうか最高だと思いました。

それだからこそ、信頼できる縫製工場にしか頼みたくないと縫製を依頼している工場まで足を運んでくれるってうれしかった。

山内さんの服には縫製者タグが縫い付けてあって、縫製してくれる人にも注目して欲しいという思いで付けているんだそうです。

今回は、書いてある本人が自分で付けたのに逆になってしまったのが出てしまってすいませんでした。

言い訳になってしまいますが、もう必死になって縫っています。見ていてそこまで早く踏めるのってくらいに縫っています。

そして縫製工場は、チームで縫っています。

その方が効率がいいと考えるからです。

裁断担当、伸び止めテープとか前工程担当、その次の担当、次の担当、組み立て担当、ボタン付けボタンホール仕上げプレス担当、出荷納品担当。

1人でやってたらどうでしょうか、1日1着とか2着仕上げるのがやっとだと思う。

でも、チームで分担して頑張っています。

そのことを全部分かるはずもないけれど自分で縫っているから縫製工場の人に会いに来てくれて敬意を示してくれただけで本当にうれしく思いました。

多分忙しいし、東京からそのまま名古屋に帰ったほうがいいんじゃない。

でも、わざわざ忙しい中を来てくれてありがとうございました。

ただ、来てくれるだけでお互いの距離が近くなった気がします。

山内さんは、生地屋さんも見に行くそうです。当然セレクトショップさんともつながってる。

洋服の川上から川下までの話が聞けたのも収穫でした。

また、色々な話を聞かせてくださいね。

ボクは、これからもお互いに尊敬しあえる関係でいい服を作っていければいいなと思っています。

今日は以上です。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket