会社のトップがくそツマラナイヤツだと社内の雰囲気は暗くなり、面白い人なら明るくなると思った件。

こんにちは、クソツマラナイヤツ代表のミズイデ(@fashionizumi)です。

でもね、面白い人は大好きです。ってことで今日もブログ書きます。No.695

 会社のトップがくそツマラナイヤツだと社内の雰囲気は暗くなり、面白い人なら明るくなると思った件。

六本木ヒルズで映画ボヘミアンラプソディを観る前のみんなの笑顔の写真(あやっちさまの写真を拝借)

このツイート最高です。

ボクが短パン社長ことオクノヤさんのことを尊敬してるのはSNSの投稿もブログも毎日欠かさず続けているのと、その投稿のセンスの良さが好きだからです。

毎月のように行ってしまうkisobar’stalkもオクノヤさんの話が面白くて聞きたいから。

どう言ったら伝わるかなーまあ、とにかく面白いんです。

そして周りにいる人たちも面白い。いや、面白い人になってきたそうです。(オクノヤさんが言ってました。)

実際ボクも何度かお会いしてる人をオクノヤさんといつも一緒にいるなー(ネットで見て)と思ってたら、会う度にどんどん表情が柔らかくなってるんですよねー。

そして、SNSでの投稿も面白くなってるんですよ!これはすごいと思いました。

 何でもおもしろがると会社も上手く行くんですよね

とにかくおもしろがるって大事なことだと思うんですよね。

このツイートもおもしろくて好きです笑。

ボクは仕事なんだから、ずっと行儀よく真面目にやらなくちゃいけないんだと思い込んでました。

でも最近になり正しいより楽しい方が正解だと思えるようになった。

ボクが正しいと思っても他の人には正しいことじゃないかもしれない。なぜなら人それぞれ価値観が違うから。

ボクの正義とあなたの正義は違うことを理解したらとても楽になったんです笑。

 

今日も楽しくいこうと思います。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket