今年は、もっと頑張ろうと思ったこと。

こんばんは、正月太りして少しだけ反省しているミズイデ(@fashionizumi)です。今朝の体重68㎏でした。

晩ご飯は質素な具だけの常夜鍋。これが美味しいの、いつもありがとう。No.704

 

 今年は、もっと頑張ろうと思ったこと。

毎日欠かさず読んでいる藤村先生のツイート。

ボクは毎日のように奥さんから「ツマンナイ奴だなー笑」って言われてる、そう何でもバカ正直に答えるから。

直球の答えなんて要らないのに真面目に答えて、「そこはボケるところでしょー」って感じ。奥さんが毎日鍛えてくれているのに全く応えられてません。(苦笑)

ずっとクソ真面目な人生を歩んできました。そんなに真面目な奴でもないんですけどね。

ただどうリアクションしていいのか分からないんです。リアクション薄くてすいません。

あなたはどんな仕事をしているんですか?って聞かれて。「洋服を作っています。」だけじゃそこから会話が広がらないでしょ!ってことです。

なのでボケと突っこみを勉強します、もっと頭使えるようにがんばります。

 正しいより楽しい方が正解。

もう、ずーーーーーっと真面目にやるのが仕事だって思い込んでました。

でも真面目だけじゃツマンナイし息が詰まります、ホント息抜きが必要ですよね。

なので今年は毎日もっと楽しいことを考えて過ごします。

仕事もだけどブログも、もう少しオモシロク書けるように頑張りたいと思います。

これも訓練です、そうなりたいと思って続けていれば少しはマシになるはずです。

とりあえずもっと奥さんに鍛えてもらって目の前の人に笑顔で接しようと思います。

笑顔で接すれば笑顔が返ってきます。ボクが不機嫌そうな顔をしてても笑顔は返ってこないから笑顔でね。

そして、スタッフにも息子にもお客様にもと増やしていきます。

SNSの投稿も笑顔になってもらえるように僕なりにがんばります。

明日も笑顔ある1日になるようにがんばります。

今日は以上です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket