僕がタダシ君に伝えたいこと。

こんばんは、昨日は久しぶりに焼肉をたらふく食べて今朝体重計に乗らなかったミズイデ(@fashionizumi)です。No.772

目の前であんなにご飯をうまそうに食べられたら俺も食べちゃうよね笑笑。

 僕がタダシ君に伝えたいこと。

はい、昨日は浅草で縫製工場の仲間5人で焼肉食べながら昼飲みしました。飲みすぎて何を話したのかは覚えてませんが楽しかったことは覚えてます。

発起人は菅谷正君(30)足立区にある縫製工場マーヤの三代目。他3人が40代でなぜか54歳も混ぜてもらって助かります。

そんなタダシ君に僕が伝えたいのは、この本を買って読んで欲しいの。昨日もお薦めしたけど。

そして、このブログを読んで自分の背中を押してね。

このブログも読んでね。

やらなかったら何も分からない。課題もない。反省もない。新たなアイデアも生まれない。やらない人ほど勉強ばかりしている。

っていうかオクノヤさんのブログを読み漁って欲しい。ツイートも追って欲しい。

1日じゃ何も分からないと思うけど、続けていると何かが見えてくると思うんだ。

自分のことじゃないのに、人のことをこんなにも応援できる人はあまり見たことがない。

みんな自分の会社をよくしようと思ってSNSとかブログを頑張っているんだ。

行動したらそりゃー上手く行かないことだってあるさ、上手く行かないことばかりだったりするさ、だから偶にいいことがあるとすごくうれしいんだよね。

何をツイートしたらいいのか分からなかった時、僕は自分が好きなことを紹介することから始めてみたんだ。卓球とかヤクルトが勝ったとか毎朝お参りしてるとか丸亀製麺でうどん食ったとか。僕に興味を持ってもらう為にね。

最後にこれを貼って終わりたいと思います。

僕はタダシ君のことを影ながら応援しています。このブログでTwitterの面白さとかビジネスにどうして役立つのかが伝われば幸いです。

今日は以上です。

友だち追加

お友だち追加すると直接ミズイデにメッセージが送れますよ。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket