伝説のコートの復刻版を鋭意製作中です。

こんにちは、今までで最大規模の台風19号が明日の夜来るのでそれまでに備えて準備したいです。

はい、今日もブログを書きます。No.820

伝説のコートの復刻版を鋭意製作中です。

もう朝礼とかしなくなったけど今朝は20と21才のスタッフと3人でミーティングしました。台風19号はどうなっているんだろうね、関東地方は明日の夜だとかなのにもう情報が錯綜してるねとかそんなたわいもない話をしました。

いい機会なのでSNSの話を聞くとインスタは洋服を見たり検索したりするのに使っているとか、一部上場アパレルの名前を言っても全然知らなかったです。知ってるのはオッサンおばさんたちってこと。でも最近聞かないな。

僕は2人にうちで縫ってるカヨコートのことを話しました。昔は既製服がなくて洋装店でお仕立てしてた頃の名残り、横浜元町でカヨさんて人が仕立てているコートを買ったカバン屋のオーナーさんがいいコートなんで復刻版を作りたいと思い自分のコートをバラして型紙を作ってもらい縫製工場を探していた時に出会ったのが4年くらい前。それがこんなことになるとはね、今年も結構オーダーが入ってます。

3年前のツイート

型紙(パターン)と生地と釦を用意して下さい。

かばん屋さんがコートを作って売りたいと思ったのは鞄とか財布の売上げが下がってきたからだって、最初に縫ったコートをショーウィンドウに飾っておいたら通る人が結構見るんですよ。いい生地(ハリスツイード)使ってるからですかね。それでご注文をいただけるのでありがたいです。

そんなやり取りをしたのが3年前かな、かばん屋さんだからアパレルのことを知らなくて用尺を伝えて裏地と接着芯はうちで用意します、生地と釦を用意して下さい。から始まりました。まだまだ数は少ないけど年間に20着くらいは作っています。なかなかのお値段がするのに購入していただきありがとうございます。

かばん屋さんのインスタを紹介します。

どこを気に入ってくれたのか聞いてみました。

僕はなんでこんなに注文が入るのか不思議で、「買ってくれる方はどこを気に入ってくれてるのですか?」と聞いてみたら、「襟の雰囲気がかわいいとかおっしゃってました。」雰囲気とか他にないコートで目に留まってみたいな、これもご縁なんだろうな。

子供服も企画した話。

人って色々考える生き物で、感心したのはハリスツイードとカシミヤだけだと冬しか売れないじゃない、って言うことで春用に綿ギャバで梅雨にはレインコートも作ったの。そして親子で着れる様に子供服を企画しましたって言われて、うちで縫うと高くなるから他を探した方がいいですと言って。無事に工場が見つかってよかったって思ってたら、やっぱり縫ってくださいって言われてしまいました。はい丸ごと縫います、お願いされると断れないタイプなんで。

ってわけで親子がペアルックして笑顔になってもらえるようにコートを鋭意製作中です。もうしばらくお待ち下さい。今スタッフががんばってくれてますので。

今日は以上です。

友だち追加

お友だち追加すると直接ミズイデにメッセージが送れますよ。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね