がんばって成果を出している経営者の人たちと話がしたくて東京へ行くのです。でも真面目な話ばかりするのではなくて一緒に楽しむことが大事なんだと感じて家路につきました。

こんばんは、待ちに待ったプロ野球が開幕してうれしいミズイデ(@fashionizumi)です。No.935

哲っちゃんキターーーーー!!!!!

がんばって成果を出している経営者の人たちと話がしたくて東京へ行くのです。でも真面目な話ばかりするのではなくて一緒に楽しむことが大事なんだと感じて家路につきました。

数多くの縫製工場の社長さんがいる中で出歩いてる人の方が元気があるような気がしてました。だから僕も最近は積極的に出歩くようにしてる。5年位前に出会ったエクスマ。生まれて初めてお金を払ってセミナーに行きました。それは藤村先生と短パン社長の2人で登壇したアパレル業界を元気にしようという趣旨で開催されたエクスマセミナーでした。それ以来エクスマセミナーと短パン社長のセミナーとかイベントにはできるだけ参加させていただいてます。

6月16日は、またまた短パン社長こと奥ノ谷さんに会いに行ってきました。

奥ノ谷さんの話を聞いてて面白いのは真面目な話の途中で時々冗談を交えて場を和ませてくれるから。商工会議所などの案内で来るビジネスセミナーとか行った事が無いのは終始真面目そうだから。あ、思い出した相当昔に1回だけ行った事がある。もう何のセミナーだったかも忘れた。そんな感じです。行った時間がもったいなかった。

SNSを活用して自分の会社が繁盛している人だから学びたいことがたくさんあります。

これからのビジネスにはSNSが必要不可欠だと僕は思っている。それは広告費使ってチラシとか撒いたり雑誌や新聞等に広告出しても費用対効果を考えるとそれほど期待できない世の中になっていると思うからだ。

なぜなら僕自身がポストに入っているチラシを見ないし、新聞も取ってはいるけど見ないから。ヤオコーのチラシもスマホアプリで見れちゃう時代です。

そもそも売り込みは要らない。嫌われるだけ。だから多くの人はチラシを見ずにゴミ箱へ捨てている。なんならマンションなどポストの下にゴミ箱が置いてあるよね笑。要は必要とされてないチラシが多いってこと。

じゃあどうしてSNSなのか。そもそも見知らぬ人が営業しに来て散々人をだましてきた歴史をみんな知っているわけで、もう騙されるのは嫌なんです。だから何か売り込まれると大丈夫ですって言うのだと思う。胡散臭いもんね。

そう、だから本名でSNSを使ってありのままの自分を全部さらけ出して発信すれば信用してくれてお仕事を依頼されれるように成るんじゃないかなって話です。

それを詳しく知りたかったらこの本を読むことをおすすめします。僕は全部奥ノ谷さんから学んだので。

短パン社長初の著書「いいねを購入につなげる短パン社長の稼ぎ方」を読んで思うこと。 

そして、奥ノ谷さんの2冊目の著書が7月16日に発売されます。

はい、これです。ヒトモノカネすべてがうまくいく会社を作りたいので僕は読みます。

来月の発売が楽しみな僕がお伝えしたいことは以上です。

 

今はコロナ問題で出歩くのもアレな時期です。お直しをどこに頼んだらいいのか悩んだりお店を探して持って行ったりする時間がもったいないと感じたら、おおよその料金を確認するのがスマホひとつでできてしまいます。洋服のお直しで困ったあなた今すぐファッションいずみ公式LINEアカウントが簡単で便利。登録は下の友達追加ボタンをクリックするだけ。

友だち追加

LINEで直したい洋服の写真を全体・部分・更に寄りで。3枚送ってください。更にリメイクの場合イメージ画を描いてもらえるとお見積もり出しやすいです。

洋服を送るのに畳んで小さくなる洋服ならレターパックが便利です。それかコンビニから宅配便で送ってね。

洋服お直しが完了(お預かりして1週間くらい)したら、レターパックか佐川急便で送ります。お支払いはPayPayが便利です。お振込みでも大丈夫。

お気軽に相談してください。

メールでのお問合せはのバナーをクリックして下さい。メールフォームが開きます。

電話でのお問合せは平日10時から18時までとさせていただいてます。

〒338-0812埼玉県さいたま市桜区神田154-4-2F

営業時間平日8:00~18:00 土曜日要予約・日曜祝祭日定休。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね