縫製工場に仕事を依頼したい時に忘れてはいけないコト

「安売りするな!価値を売れ!」の品を探して
「安売りするな!価値を売れ!」の本を探せ!

こんにちは、さいたま市桜区にある縫製工場「ファッションいずみ」の代表ミズイデです。

先日も言いましたが、今マックス忙しいです

ウソじゃないです

ミズイデウソつかないです。

どさくさに紛れてサンプル1枚追加するのはヤメテクダサイ。(笑)

さて、今日ボクが伝えたいことは

 縫製工場へ仕事を依頼したい時に忘れてはいけないコト

今、展示会シーズンでサンプル縫ってくれる工場を探しているアパレルメーカーさんが多いです

でも、新規でどんな服なのかも分からないのに直ぐにサンプル縫ってくれって言われても縫えません

そう言った依頼してくる方は、その時だけ限りなことが多いです

困っている時だけで、あとは知らん顔

そんな仕事を請けてもうちには何のメリットもないので請けられません

更に言うと、頼む前は調子良い事言うんです

誑し込むようなことを平気で言っちゃう

まるでナンパするような感じで

そんな都合のいい工場ではありません。

 問い合わせの際はメールでお願いします

メールアドレスは fashion-izumi@ac.auone-net.jp にお願いします。(クリックすればメール画面が開きます)

下記の記入がない場合には返信いたしかねます、必ずご記入ください。

御社の会社名と御担当者のお名前、住所連絡先は明記してメールをください

また、どのような洋服を作っているメーカーなのか分かりやすく説明していただけたら幸いです

できれば縫製仕様書の添付は必須でお願いします

それと、生産枚数、サイズ色展開、希望縫製工賃をお知らせください

希望縫製工賃は今お取引している縫製工場さんに提示している工賃とかがあると思うので

 実績のある会社に限ります

「これから、ネットショップを立ち上げようと思っています

デザインから素材調達もそして縫製まで全部まとめてお願いしたいんですけど」

って、デキマセン

今まで洋服を企画して販売した実績をお持ちで売り先が決まっている会社様に限ります

デザイナーが企画して、パターンと素材、副資材をご用意していただきます

その後の縫製加工をお引き受けしてます

 新規のお客様はキャッシュオンデリバリーになります

縫製工場は洋服を縫って納めて代金を頂戴いたします

以前、納めてもお支払頂けなった先がありましたので警戒しています

また、総額20万円程のお支払いを一括では無理だから分割でお願いしますと泣く泣く頼まれて

信用して承諾したら、4回払いでそのたびに振込手数料を引いて振り込むって・・・(小銭ケチ)

恩を仇で返された思いがいたしました。

金が無いわけじゃないんだよね

だって、高級国産車(レク○ス)の新車乗ってましたよ

人の支払いを後回しにしてガソリンだのタバコだのって酒だのって

よくいるんですよね、そういう人

 5月まで予定が埋まっています

今も良く新規でお問い合わせいただきますが

既存のお客様の仕事で5月までスペースが埋まっている状況です

また、3月4月となれば6月7月の予定が出てきて埋まって行きます

なので、早めにご相談いただければ前向きに考えてまいりますので

どうぞよろしくお願いいたします

今なら5月末納期なら若干スペースがあるかもしれませんし、無いかもしれません

また、社長が2月は時間が取れません

見学は3月までお待ちください(要予約)

 どうしてファッションいずみに洋服を縫って欲しいのかをお聞かせください

何処でもいいのなら他を探してくださいね

多分縫製加工賃は安い方ではないと思いますよ

どんな洋服を作りたいのかそれが聞きたいです

言ってみれば、どんなお料理を食べたいのか?

ほか弁?ファミレス?こじゃれたレストラン?本格的なレストラン?ホテルの高級レストラン?

洋服も食べてみないと分からないですよね

さいたま市の縫製工場ファッションいずみを一度ご覧ください

 縫製工場が減り続けている訳

それは、食えないからです(笑)

先月、仲間の縫製工場が縫製部門を閉鎖しました

かなり有望な縫製工場でしたから、ボクも残念だなって思いました

縫製部門を閉めたと言ったのは、その会社は別の事業を3年前だったかな?立ち上げて

そちらの方が伸びてきて儲からない縫製工場はヤメタって話です

ボクも良く知っている人です

スゴクやり手でアグレッシブで熱くて縫製工場の経営者にはモッタイナイくらいのイケメン

やっぱりやめちゃいましたよ、他で食える才能があったから

縫製なんてアホくさって思うよね、食えないんだから

そう言うことです

あの中国だって春節が終わって縫製工場の働き手が帰って来ないって聞きました

だから食えない仕事はやりませんよ。

 まとめ

縫製工場に仕事を依頼したい時には、先ず自分の会社のこと

代表者の名前や自分のブランドの詳細を説明してください

そして、その洋服をどんな工場に縫ってもらいたいのか

その想いを伝えてください。

ボクんちに問い合わせしてくれる方は、おおよそファッションいずみのことは分かっておられるようですが

こちらは、初めての方の何一つ分からないのです

だから、詳しく教えてください

とりあえず、それを大まかで構いませんからメールしてください

そしたらその次に電話でお話しした時にスムーズに会話ができるはずです

ちなみに、大手アパレルメーカーさんは無理です

うちは小さすぎますから

商社に口座も開けませんし

決算報告書も見せられしません。

今日は以上です

伝わりましたか?

では、また

 

信じる事さ、必ず最後に愛は勝つ~♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね