洋服で困っている人を助けるのが縫製職人の仕事

PHABLICxKAZUI|knitcap

PHABLICxKAZUI|のデザイナー瀧澤君からもらった夫婦ニット帽を愛用してます。

こんにちは、さいたま市桜区は雨が降って寒い1月29日金曜日の夕方にブログ書いてます

2016年1月もあと2日しかありません、今月も月の半分しか書いていません

気合が足りないボクです。

さて、今日は

洋服で困っている人を助けるのが縫製職人の仕事

洋服で困っている人はたくさんいるんですね

ボクは身長172㎝体重69.9kg(自称)とごく普通の体型なので大概の洋服はLサイズそのまんま着れる

だけど、既製服が合わない人は大勢いるんですね

体型に合わせて買うと袖が長すぎたりとか、色々です

ズボンの裾上げは仕方ないとしても、袖が長いと邪魔くさいから丁度いい長さにしたいです

洋服の寸法直し屋さんは日本全国にたくさんあります

しかし、町の小さな洋服のお直し屋さんは年々減って

大手のチェーン店のお直し屋さんばかりが幅を利かせているような印象をボクは持っている

実際、ボクんちに近所にあった個人でやられてる洋服のお直し屋さんからボタンホールをよく頼まれていたんですが

借りていた店舗を返して、自宅で細々とやってる

それは、年間通じて仕事を確保するのが難しくて家賃を払って続けていけない現状があるようです

しかし、チェーン店の洋服のお直し屋さんは

駅中や、ファッションモール、その他人が集まりそうな場所に受付だけ置いて

洋服を修理するのは別の場所に集めて作業するケースがほとんどらしい

そうすると、依頼主の思いが作業する人に伝わらず

修理上がりの出来がお客様のイメージと違ってトラブルになってしまうことが絶えないと聞いた

まあ、ズボンの裾上げなら問題は無いのでしょうけど

ボクんちでは、受け付けはボクですがすぐ隣にミシンの音が鳴り響いている工房があるのでお客様も安心するようです

洋服のお直しを始めた当初は、ボクが休みの日にやれば済むくらいだったけれど

今じゃ、それではこなしきれなくなったから専属のスタッフに直してもらってる

皆さん1回目は恐る恐る来店されるのですが、2回目はもう常連さんッス!

「あれは直せますか?こんなのは直せるの?これは無理?」

とりあえず持ってきてくれます

ミシンで縫える洋服は、ほとんど直してます(最近カバンの修理もやってます)

何でも直っちゃうから助かるよ♪

そんなことを言ってもらえるのでうれしくなってしまいます

ナンデ直せるのか?

それは洋服を生地から作り上げることを仕事にしている縫製職人だからです

欲しい服を売っているお店がない

僕らもそう思うことがしばしばありますが

年配の方にとってはそれこそ、本当に売っているお店が無いって皆さん口をそろえて言いますね

そう言われてみればないよなー

だから、昔来ていた服を今の体型に直して着たいってご要望が多いです

昔の洋服は生地がしっかりとしているものが多いから直せばまだまだ着れますからね

それにしても、女性はいくつになってもお洒落心を持っておられますよね

そう、昔の服は昔の服なんです

デザインが古いってのが明らか、だから今風にアレンジして欲しいってご相談にのっていますよ

だって、今の洋服を作っていますから。

そんな相談にのってると、またまた喜ばれちゃって

結構ボクのファンも増えているんですよ(笑)

一人の方に喜ばれると

その人がお友達やご家族などに紹介してくれます

本当にあった話です

ご主人のズボンを試しに持ってこられて

それで安心したのか、奥様が自分の洋服を持って来られました

また、逆もあった

お洒落な奥さんは洋服を直すのは気分が変わっていいのでしょうね

メンドクサガラズニ持ってきてくれます

でも、男ってメンドクサガリなんですね

長かったり、綻んでいたりしても構わず着ていたけれど

その奥さんの服を見ていたら「俺のもついでに直してもらってくれよ」そんなこともあります

やっぱり、ズルズルのズボンとかボロボロの服だとミスボラシイですから

よく言うのが「借り物の服みたいだって」

やっぱり自分の体型に合った服を着ると見られ方も違いますよね

それは、マジです。

意外と相談にのってくれる洋服のお直し屋さんが少ない

そうらしいです

全然気が付きませんでした、話を聞いていてそうなんだーって思った

だから、相談にのっていると感謝されるんですね

これでも縫製職人の端くれなので、洋服のお直しについてのアドバイスはできますから

そうか、洋裁のことが分からない人にはボクなんかでも役に立てるんだな

人のお役に立てて、感謝されるって縫製職人冥利に尽きます

まとめ

世の中が大きく変わっているような気がします

それは、ボクんちのようなお店の体を為していない(ほとんど縫製工場だから)洋服のお直し屋さんでも

ちゃんとした仕事をして困っている人の声に耳を傾けていれば

人に必要とされるんですね

偽物には騙されたくないから、不便でもそのまま着ていた洋服も

安心して任せられるって信用を得られると頼みたい人はたくさんいるんだなって思った

もっと多くのそんな人達のお役に立てるように発信して行こうと思いました。

縫製加工のお客様も縫製工場に不安を持っておられるんですね

でも、安心してください

ちゃんと縫ってますよ

今日は、昨日納めた山内様からお礼の電話をいただきました

僕らの仕事が伝わってうれしかった

スイマセン縫製職人は口下手なもので

今日は以上です

ではまた~