ツイッターを使ってると世界が広がると思った件

おはようございます。さいたま市で縫製工房、洋裁教室、縫製塾などをやっているミズイデ(@fashionizumi)です。

今朝も寒かったー。マジで寒いの苦手です。まだくそ暑い方が我慢できる、早く春よ来い。No.536

  ツイッターを使ってると世界が広がると思った件

最近のボクの日課は、朝起きて出勤途中に写真を撮ってそれを使ってツイートすることから始めています。

2010年にアカウントを取ってからもう8年経ちましたが、本格的に取り組んで勉強し始めたのが2016年頃から。

その頃はツイッターの何が面白いのか全然分かりませんでした。

でも、続けてきて最近になりやっと少しツイッターが楽しくなってきた。

先ずはツイートしてフォローする人を増やしました。

フォローする人は、同じことが好きな人。

特に毎日、藤村先生のツイートは見ているし「いいね」やRT(リツイート)もしているから同じ想いの人をフォローしたりされたりで増えてきました。

それと、検索窓に「#縫製」とか「#縫製工場」など入れてそのハッシュタグ#付けてツイートしている人を見てフォローしたりするといいみたい。

やっとフォロワーが900人超えた程度なのでまだまだです。

ある人は、フォロワー2000人以上になればもっと楽しくなるって言ってたけどムリくり増やすつもりはなくて徐々にマイペースで行こうと思います。

 ツイッターの反応の指数

自分のツイートがどれくらいみられているのかを知りたい時は、「プロフィールと設定」の中にある「アナリティクス」を見るとよく分かります。

ツイッターのアナリティクス詳しくは←をクリックしてね。

その反応の数字が1年前より増えてきているで、興味を持ってもらえているんだってことが分かって励みになりますね。

 ツイッターはコミュニケーションツール

このツイート面白いと思って(笑)

 

 

これはいいんじゃないでしょうか。

 

この方法で僕らも解いてます、でも知らない人も多いようですよ。

結局はこの言葉に集約されてます。何でも楽しむことが大切だとボクも思います。

ツイッターのフォローよろしくお願いいたします。

今日お伝えしたかったことは以上です。

 

「どうでもいい」とか そんな言葉で汚れた心 今放て 春の歌♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね