1つのアイテムが4色と2サイズでも合計50枚以上あれば縫製工場は助かります。

おはようございます。って2週間ぶりに体調を崩して休んでたスタッフが元気そうで安心したミズイデ(@fashionizumi)です。No.803

さあ、今週で7月も終わりもう直ぐ8月。今日もブログ書こう。

 1つのアイテムが4色と2サイズでも合計50枚以上あれば縫製工場は助かります。

昨日も裁断マン。

洋服って色とサイズがありますよね。メーカーさんによって様々ですが、少なくともMとLの2サイズはあるものが多い。ワンサイズならうれしいけど。

それから色展開も2色3色4色とか普通にあります、喪服なら黒だけですけどね。シャツなら白黒に紺それからベージュかグレートか。他に洋服にはいろいろと有りブラウス、チュニック、ワンピース、シャツ、スカートそれだけで5型になる。

例えば1色M、L各5枚ずつだとすれば10枚になり、それの5色展開なら50枚になる。1色10枚だと生地が余るので他のアイテムも同じ生地で企画すれば生地も正反で買えるわけだし(カット反より喜ばれる)縫製工場も1型50枚の5型で250枚にもなるととっても助かります。

洋服がワンサイズ1色で50枚売るのは大変であれば、色とサイズを増やして50枚にするとかそれくらいの機転は利くはず。

でもそれが1色2枚とかで5色で10枚であれば、うちではキツイ。そもそも10枚とかじゃビジネスにならないんじゃない。4サイズなら20枚ですね、それでS・M・L・XLだとして売れそうなMとLを3枚ずつにすれば1色8枚の5色で40枚かーもう少しだ、あと1色追加するー?

 何もしないよりはした方がいいんじゃね。

このシャツとかかっこいい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

少し「和」の雰囲気が、洋服では新鮮に感じます。 : 襟がないように見えて涼しげですが、だらしなくも感じないよう、山内流の技が隠れています。 : 横の姿や後ろ姿では低めの立ち襟となっており、ご自身では前の姿を確認される方がほとんどだと思いますが、実は目線が合わない前以外の角度から見られている事が(特に日本人は)多いはずです。 : 浴衣は本来、涼しいから着るのではなく、周りの方が涼めるように目で “涼” を楽しませるものだと聞いたことがあります。 : 集団というより、個の自由が求められてきた今では、なかなか考えにくい事かも知れませんが、その心遣いは忘れたくないものです。 : 話は反れましたが、和紙のようなシワ感があるこちらのシャツは、同素材でパンツもお作りしております。 : 洋服なのに和の雰囲気が漂うセットアップは、「夏祭り」や「花火」といった風物詩との相性も良さそうに思います。 : 無い物ねだりの呪縛から抜け出し、日本人らしさが引き立つ装いで夏を楽しむのも悪くないかも知れません。 : ========================== 高密度塩縮コットン・ノーカラーシャツ no. 19s48 color. ocher /navy / khaki /white size. 2 / 3 / 4 ========================== : #山内 #山内男服 #名古屋 #日本人であるということ。 #yamauchi_japan #yamauchi_galleryshop #日本人のための洋服 : ~~~~~~~~~~~~~~~~~ 山内 gallery shop 12:00~20:00 火曜 水曜 / 定休日 名古屋市名東区社台1-146 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

山内 gallery shopさん(@yamauchi_galleryshop)がシェアした投稿 –

なかなかのお値段がするシャツでも50枚くらいは作りました。それくらいの数があるとほんと助かります。

 30枚だとどうしてキツイの

うちは小さいながらも4人班で生産しています。シャツだったら下張りアイロン、前工程、中間工程、組立工程とバランスを見ながら効率よく考えて作ってるの、はじめはどう配分しようか試行錯誤です。慣れるまで時間が掛かり仕掛り時は相当時間のロスします。例えばシャツ30枚なら2日で終わらなきゃ赤字、それが3日目くらいに、しかも慣れた頃に終わりという仕掛かりロスを挽回できずに凹んだままという最悪の事態に陥ります。それが何型も続けば仕事があるのに倒産状態っす。

縫製工場は数が無いとダメだと僕は思うな。20枚30枚でもやってくれているよという工場があるのなら大切にしてあげて下さい。

今日は以上です。

友だち追加

友だち追加すると直接ミズイデにメッセージが送れますよ。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね