5G時代にネットを使って自分の仕事で何ができるのか考えるだけでも楽しい。

こんばんは、昨日はさいたま市卓球大会で試合を楽しめてうれしかったミズイデ(@fashionizumi)です。No.829。今までは試合になると緊張しちゃって変なところに力が入って普段の練習どおりにできずイライラしてました。まあ練習でもうまくできることのほうが少ないんですけどね笑。それでも昨日は自分の持っているものを出せた感じがしています、負けたのは守りの部分が課題かな、攻撃ももっと威力を増し増ししたいです。

明日からまた練習です。とにかくがんばります。

5G時代にネットを使って自分の仕事で何ができるのか考えるだけでも楽しい。

さて今日は先日エクスマセミナーで藤村先生が話していた5G(5ジェネレーション)のことを書きますね。

1G(第一世代)1980年~携帯電話が登場してアナログ電波でした。平野ノラさんがシモシモってやってるバブリーな頃。アナログ電波なんで音質が悪かったとか。

2G(第二世代)1990年~デジタル電波になってメールが打てるようになった。

3G(第三世代)2001年~初めて携帯でネットとつながり情報が見れるようになった。

4G(第四世代)2012年~スマートフォンになり動画が見れてゲームができるようになった。

5G(第五世代)2020年から始まる。

初めて携帯電話を買ったときはただ電話が外にいても使えるのが画期的でした。

僕が始めて携帯電話を買ったのは第二世代1994年ごろ、安かった東京デジタルフォンでした。

トランシーバーみたいだね。

バッテリーの持ちも悪く重いし。あんまり使わなかったな、大体自分ちで仕事してるから必要ないのに流行りものに弱くて買ってしまいました。

IDO(現au)のがスタイリッシュでかっこよかったことを思い出します。

2000年過ぎてからメールとかネットに使っていたのかな。よく覚えていません。でも使う頻度は電話としてではなかった。もはや話すのではなくて情報交換に使ってました。

2012年ごろから今のiPhoneに変えてケータイからスマホの世界にはまりました。たぶんそんな人が多いはずです。

時代は便利なものより便利なものへと進化して行く。

今使っているiPhoneからガラケーには戻れません。それどころかiPhone6sでもストレスを感じてしまうのはスイカとかがスマホの中に入ってしまったから。お財布がなくてもiPhoneがあればいいんです。世の中はキャッシュレスになってるし。自然に今の生活に慣れて馴染んでます。今が便利なら昔がどうだったなんてもうどうでもいい。わからないことはすぐ聞くし、道に迷っても助けてくれて助かります。

じゃあ5Gってどんなことができるの?

知らず知らずのうちに便利なものはインフラになって行くのです。なくてはならなくなるのです。今の僕にはiPhoneがない生活は考えられないそれくらい触ってる。まさに肌身離さずです。お守りかよ。

今ストレスを感じているのはイオンとか商業施設ではWi-Fiが飛んでるけど大勢が使うから遅くてイラっとしてしまいます。それを解決してくれるんだから最高。ってことは今よりもっと使うってことかな。休みなく。

今日はお休みだったので、ゆっくりとこの動画を見て楽しみました。

前編

後編

今までYouTubeでは音楽と卓球の動画を見て楽しんでた僕が、学ぶためにチャンネル登録しました。なんと100万に以上いるとかハンパない。テレビは見ないので逆にこっちの方が僕には合ってました。

そして5Gの未来を面白く話してくれているので自分に落とし込んで考えてみようって気にもなれたんだ。

でも、スマホを活用して商売に結び付けるには先ずは見てもらえなかったら始まらないよな。あっちゃんは話し方が上手だからこうしてYouTubeで活躍できてる。僕は見てもらえるように伝え方をもっと磨きたい。

そんなことを今から始めて行こう。だって5Gの世界になったら今よりもっと情報の量が増えるはずだから見てもらうのも至難の技だ。もう今でもそうだね。

友だち追加

お友だち追加すると直接ミズイデにメッセージが送れますよ。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね