あの頃はよかったと思いながら同じことをしていても二度とあの頃に戻ることはないのだから少しでもよく成るように変わっていきたい。

あの暑かった夏が懐かしい、寒いのが苦手なミズイデ(@fashionizumi)です。冬服が売れてくるか楽しみです。No.1005。

あの頃はよかったと思いながら同じことをしていても二度とあの頃に戻ることはないのだから少しでもよく成るように変わっていきたい。

ヤクルトスワローズが1992年から2001年まで強かったのをご存じでしょうか?日本一になってからもう20年も経つのかー!そのころ生まれた村上君が今年は4番打っているんですね。

縫製工場も2001年(平成13年)頃まではまだ大丈夫でした。それから海外生産に拍車がかかり今では風前の灯火くらいに国内の縫製工場は激減してしまいました。

生き残りかけて技術力アップしたおかげで今まで倒産せずにやってこれたので感謝です。でもそれだけではこれからの時代はなかなか難しいのではないでしょうか。僕はそう思っています。

裸でいるわけにいかないから洋服産業はなくならないって思ってましたが、もうほとんどが輸入品の時代になったので海外製品で十分になった。

それでも国内で作りたいと思ってくれている方から仕事をいただけてありがたいです。だけどうちよりきれいに縫ってる工場ばかりなので技術では勝負にならない海外を含めて品質の良い商品であふれています洋服に限らずね。

そこでうちに頼みたい、水出さんに頼みたいって人を増やしたいと思っていて僕らができることをどんどんアピールしてるわけなんです。

その他にうちでしかできないことを考えたり今までになかった需要にこたえることはできないかとか、全く縫製とは違うことをしてみたいとか縫製と何かを組み合わせられないかとかできることからダメもとでちょっとずつやってみたりしてる。多角化です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

シャツでもパンツでもジャケットでも縫っています。 デザイナーさんがめっちゃ服好きなんで作る時は緊張します。デザイナーさん自身で洋服作りが好きなんで意思疎通ができるから頑張れる。 縫製屋はきれいに作るのが仕事なんですが生産性上げたいもの事実。 最近僕が若い頃よく聞いた80年代の洋楽が流れてきます。今聞いてもいいです。服作りもそんな感じがしています。ちょっと何言ってんだろう笑。 #ファッションいずみ #縫製 #縫製工場 #縫製職人 #縫製好きな人と繋がりたい #ボタンホール #さいたま市 #さいたま市桜区 #さいたま市桜区神田

縫製工房 ファッションいずみ(@1048.mizuide)がシェアした投稿 –

コロナ禍で世の中が大きく変わった今、僕らも変わらないと生き残っていけない危機感は少なからずあります。今までと同じことをしていた方が楽です。新しいことを始めようとするにはパワーが必要です。

だから筋トレして力をつけています。最近サボり気味だけど笑。

捲土重来っていい言葉だけど何か意識を変えないとね。金がないとかいい選手がいなくても優勝できたヤクルトスワローズがいいヒントなのかなと思った雨で寒い土曜日です。

そろそろ優勝お願いしますねー!

今はコロナ問題で出歩くのもアレな時期です。お直しをどこに頼んだらいいのか悩んだりお店を探して持って行ったりする時間がもったいないと感じたら、おおよその料金を確認するのがスマホひとつでできてしまいます。洋服のお直しで困ったあなた今すぐファッションいずみ公式LINEアカウントが簡単で便利。登録は下の友達追加ボタンをクリックするだけ。

友だち追加

LINEで直したい洋服の写真を全体・部分・更に寄りで。3枚送ってください。更にリメイクの場合イメージ画を描いてもらえるとお見積もり出しやすいです。

洋服を送るのに畳んで小さくなる洋服ならレターパックが便利です。それかコンビニから宅配便で送ってね。

洋服お直しが完了(お預かりして1週間くらい)したら、レターパックか佐川急便で送ります。お支払いはPayPayが便利です。お振込みでも大丈夫。

お気軽に相談してください。

メールでのお問合せはのバナーをクリックして下さい。メールフォームが開きます。

電話でのお問合せは平日10時から18時までとさせていただいてます。

〒338-0812埼玉県さいたま市桜区神田154-4-2F

営業時間平日8:00~18:00 土曜日要予約・日曜祝祭日定休。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね