洋服ができるまで

縫製仕様書

おはようございます、さいたま市桜区は今日も晴れて幸せなミズイデ(@fashionizumi)です。

今日は何を書こうかな?

そうだ、これにしよう。

洋服ができるまで

洋服は先ず画を書くことから始まります。

どんな洋服にしようかな♪

シャツ、ドレス、パンツ、ゴスロリ服、いろいろあります。デザイナーさんの仕事です

今回は上の写真のシャツで説明しますね。

デザイン画からパターンをおこします。生地を決めます。

それが決まったら先ず、生地を裁断します

ごとーさんのツイートをお借りしました。動画の方が分かりやすいと思って。

そして縫います    

縫ったらアイロンします

縫い上がったら、釦付けてボタンホール開けて完成。

一番最初の画型のシャツが出来上がりました。

一番最初の画型のシャツが出来上がりました。

こんな感じです

こんな感じです

ブランドの名は「山内」

ブランドの名は「山内」

山内のシャツは袖の設計がいいかも、腕が動きやすい

山内のシャツは袖の設計がいいかも、腕が動きやすい

そのシャツの名はカシミアタッチのコットンノーカラーシャツ←をクリックすると山内産地のサイトが開きます

残念ながらボクにはノーカラーのシャツは似あいませんでした…orz。

ちなみにシャツって袖丈が合わないことってありますよね?

体に合わせると袖がやけに長かったり、袖がちょうどいいと体がきつかったり、

そんな時は、シャツが合うように体型を変えましょう。

このシャツは、針目が細かくて解くの死ぬほど大変なのでお直しは大変です。

お直し不可です。28,000円(税別)と決してお安くはないシャツなのでそのまま着れる方だけに購入してほしいです。

春のシャツ買いに出かけたいですねー。