洋服が好きで洋服を売る商売している人から他にない自分のお店だけのシャツを作ってほしいと頼まれました。それって商売の原点じゃないですか。

こんばんは。いつもと違うことをするように意識しているミズイデ(@fashionizumi)です。会社まで来るのに昨日と違う道を通るくらいしかできないけど。No.1110

洋服が好きで洋服を売る商売している人から他にない自分のお店だけのシャツを作ってほしいと頼まれました。それって商売の原点じゃないですか。

ボクが持っている洋服屋さんのイメージと言えばいつも行くイオンモールの中に入っている洋服屋さんかな。UNIQLO、無印良品、他アパレルショップ。どこのイオンにもある洋服、何なら他のショッピングモールにもある日本全国どこにでもある洋服を売ってるお店。アルバイトの店員さんが売ってるお店かな。

洋服屋さん?セレクトショップ?なんと言ったらいいのかとにかく洋服好きな人が洋服売っているお店のオリジナル生地が届きました。これでショップオリジナルシャツを作ります。ベーシックなシャツだけど自分でパターン作って生地作って品質表示作って縫製の依頼をされました。もちろん仕入れた服も売っているんだけど他にない服を作りたかったそうです。そんな思いを込めて作ったシャツを待っている人がいるんだろうな、お店のInstagramを見てそう思った。
大量に作られた服を大量に消費してた時代が過ぎて、また昔のようなゆっくりとモノづくりができる時代になればいいですね。
今はそんなことが普通に可能なんだなって思いました。来週パターンが来ます。
 

この投稿をInstagramで見る

 

BrickWood Storage(@brickwood_storage)がシェアした投稿

今日は以上です。
hello!