仲間がいるって有り難いし何しろ心強い|二友会に入って良かったと思うこと

二友会40周年記念懇親会2015年

縫製工場など糸偏製造加工業者が集まる「二友会」創立40周年記念パーティーが行われたのが2012年のことでした。

もう5年も前になるんだ、そう二友会は昭和47年創立と歴史ある会なのです。

二友会のfacebookページあります、これから菅谷君が更新てくれるので楽しみにしています。

こんにちは、ミズイデ(@fashionizumi)です。

 糸へん業界も変わり始めてます

先ずは二友会を簡単に説明させていただきますね。

東京が縫製の産地だった頃、当時は電話くらいしか通信手段が無かった時代に中野区とか杉並・練馬区周辺の縫製工場の経営者2代目が集まりお互いの情報交換をする目的で昭和47年7月に発足した任意の団体です。

戦後復興の頃創業した縫製工場の社長の多くが息子に代替わりした頃らしいです。

名前の由来は、二代目の友の会から「二友会」となったとか、

ボクが修行していた西新宿にあった縫製工場の社長も二友会に入っていました。会長もやってました。その時、松ノ木社長は役員だったと記憶しています。

今は3代目の会、その次の世代へと若い人が頑張っています。今では会員の中には東京だけじゃなく岐阜の方もいます。

ボクが二友会に入っていてよかったと思うのは同業者同士で集まりお互い切磋琢磨しながら情報交換する仲間がいるととても心強く思いました。

今では当たり前のように使ってるFAXが無かった頃、ファックスって便利だよーって知ったのも二友会情報だったし、

これからはインターネットの時代だよーってWindows95が出た頃パソコン教室みたいな情報も二友会から入手してました。

二友会に入っていなかったら今こうしてブログを書いていなかった言っても過言ではありません。それくらい入っていて良かったと思う会です。

懇親会も傷の舐めあいではなく前向きな話で酒を酌み交わす、それだけでもう最高です。

 縫製工場のホームページ

縫製工場はホームページを持っていない!?

そんなことはありません。

ボクの知る限りですが二友会の会員はホームページを作っています。

フューチャーブランド産地、現在二友会会長加賀ちゃんの会社は何屋さんかよくわかりませんがユニフォーム作ってます。

株式会社マーヤ産地、最近作ったそうです。ブログも始めてました。

ナカムラホウセイ産地、妙にカタカナが似合ってる(笑)

辻洋装店産地、縫製工場ではかなり有名です。ナカノケンシロウ改め辻豪くんがブログ書いてます。

ボンローブ産地、社長はサーファーらしいです。

鶴屋ファッション産地、岐阜にある縫製工場のボクの中のイメージが変わりました。

 番外編

その他、全国の縫製工場が紹介されているアパレル工業新聞の縫製工場紹介ページはこちら。

 縫製工場ツアー

縫製工場ツアーあります。(マーヤのタダシくんのブログで教えてもらいました。)

2017年2月18日(土)千葉県旭市のソーイングアサヒ様見学ツアー終わってましたー

ボクがソーイングアサヒ産地を2回も見学させてもらったってことはどうでもいい話でしたね

2017年3月24日(金)和歌山県和歌山市の丸和ニット工場見学ツアーありますよ。←クリックすると開きます。

ファクトリエ良い事してるじゃん。拍手を送りたいと思います。

日本の縫製工場はガンバッテマス。

今日は以上です。

 

光の射す方へ♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね