*

大衆向けではなく個人向けの洋服を作れば活路は見出されるかもしれないと思った件

こんにちは、ミズイデ(@fashionizumi)です。No/574

 大衆向けではなく個人向けの洋服を作れば活路は見出されるかもしれないと思った件

昨日はまた、新しいお客様が来てくれて洋服を縫って欲しいと依頼を受けた。

ご夫婦二人でやられている小さなブランドだ。

ボクとしては大きいアパレルメーカーより小さいインディーズブランドの方がほっとする。

商売の仕方としては、卸販売もやっているけれど直販の方が比率が高いそうだった。

それも安心した。

最近、新しいお客様との出会いが増えてよく話をする機会が増えてその度に話題に出るのがアパレルメーカーの凋落振りとユニクロのハンパなさだ。

某アパレルメーカーは、原価20で作れとか良く聞く話です。

また、売れてるアイテムの別注品番を作りたいと持ちかけて生地とかの質を落としてなんなら縫製の質も落として同じ値段で売りたいとか・・・これもアパレルあるあるらしい。(苦笑)

要は自分の利益さえ出れば善し。と言う考え方が捨てきれない、未だにそんなやり方をしているから今のうちはまだまだ大丈夫だと思ってます。(笑)

方やユニクロは企画から開発して量産そして販売までのスピードがあり得ないくらい速いらしい。

そして、大量に作られた製品を売り切る力もスゴイ。

製品の素材・品質申し分ない、だから敵わない。

そこと戦っても無理なんです。ボクはそう思う。

 ボクは定価でユニクロの商品を買いたいとは思わない

ユニクロは毎週のように見に行く。

週末暇つぶしに行くイオンモール与野で行くところは、MUJIとユニクロとマクドナルドと丸亀製麺しかない。

あと、帰りがけに本屋で卓球王国立ち読みして気に入った記事があれば買い食料品を買って帰る。それが日曜日のルーティンだ。

MUJIで見るところは割引になっているコーナー。

ユニクロも割引になってるワゴンとか目玉商品を見て歩くのが好き。

それと次のシーズンの商品が出てくるのも早いからそれも見る。

それは、ボクよりも奥さんのほうがよりシビアだ。

ワゴンの中からコレ500円だったー♪見つけた時は特にうれしそうなので笑ってしまう。(笑)

他にも洋服を売っているお店は多くあるが、どれも同じように見えてしまって入る気すら起きない。

昨年末だっただろうか、古着を売るリサイクルショップがオープンした時は物珍しさで人が入っていたがもうすぐ閉店するようだった。

イオンモール与野が出来たオープン時から通っているが、当時から残っているお店はユニクロとライトオンくらいじゃないと思う。

もうテナントの入れ替わり立ち代りの回転は年々速くなっている気がします。

 個人向けの洋服は需要があるはず

例えば、シャツとかブラウスを企画して貴方好みの生地を持ってきていただければ加工します。

オーダーのようだけどパターンは決まっていてサイズも選べる値段は高くても欲しいと思う人に作って喜んでもらう。こんなサービスもいいかもしれない。

実際に、うちではある人一人だけだけどそんな企画をやってます。

また、2着頼まれました。

これです。

もう、歳も歳だから楽なズボンが欲しいのよー!作ってくださる?作れるでしょ!だって、作れるはずでしょ。

こんなブラウスが欲しいとか明確なイメージを持って買いに行く人はそれほどいないんだと思う。

ただ、お店を見て歩きながら「これいい!」って気になり買う人がほとんどのようにボクは思います。

だから、プレーンな形のブラウスを作っておいて生地を持ち込んで作る。

生地を選ぶ楽しみが出来ていいんじゃないでしょうか。

昭和の頃の洋装店はまさにそんな感じだったとテレビで見た気がします。

また、そこから始めるのも楽しいかも知れませんね。

それで、全部ではなく一部そんな服を作ってみるから先ず始めようと思います。

昨日来た方が、始めた頃はそんな感じで始めたようでした。

徐々に受注が増えてきて生産できる工場をいざ探しても見つからず・・・

縫ってくれてた方も高齢になりもう縫えないと言われたとか。

やっと、縫える人を大事にしてくれる人と出会ってうれしかった。

よい週末を。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
シャツのボタンホールの形は長方形だけじゃなくて楕円形にもできますよ

こんにちは、ツイッターにハマり過ぎて目が悪くなってきたミズイデ(@fa

中縫いのパッチポケットがきれいについてると思った件。

こんばんは、縫製工場の社長やってるミズイデ(@fashionizumi

がんばれ日本!負けられない戦いがそこにはある

こんばんは、サッカーワールドカップ日本対コロンビア戦観ながらブログ書い

大勢の人から好かれる人は人を喜ばせることが自然とできる人

おはようございます、さいたま市桜区にある縫製屋と洋服のお直しにボタンホ

人を信じることで救われる時もある

こんばんは、最近66キロを切らない日が続いてるミズイデ(@fashio

  • 公式LINE@バーコード

    2017.06.14-02