*

ブログを書き続けるのは伝えたいことがあるから

こんにちは、本当はビールが好きなミズイデ(@fashionizumi)です。

でも、若い頃と同じには飲めなくなってくるね、一番搾り1本だけいただいて後は宝ハイボールで。No.589

 ブログを書き続けるのが辛くなったら休んでます

昨日はブログ書けませんでした。なんか疲れがどっと出て午後9時までPCの前で居眠りしながら粘ってたけど伝えたいことが何も思い浮かばなくて敢え無く断念。

これで4月は、もう2日も休んでしまいました。(汗)

基本1ヶ月の3分の2は書こうと思っています。

3月も頑張ったと思ってたら終盤息切れしてしまいました。

せっかく書くのだから読んでくれた人に少しでも喜んでもらえるように書きたいので、何も伝えたいことが無かったら休みます。

 書くのを止めようと思ったことは昔ありました

結構ブログ暦が長いミズイデです。

このワードプレスにしてからはブログを書きたくないと思ったことは無いです。

ただ、だらしが無くて休んでしまう日はあります。

この前にアメブロとかで書いてた頃は、「書いて何になるんだろう・・・」

「書いたって無駄だよ・・・」「書いたって誰も読んでくれる人いないし・・・」

「そんなことしているんだったら、仕事してた方がいいじゃん・・・」

そんなことを思った時もありました。

でも、休み休みながらも続けてきたのはブログを書くことが楽しかったからです。

ブログを書くことで自分の今の気持ちをそのまま伝えられたから。

 なんでいつもそんな険しい顔しているんだよ

ある時、卓球仲間から練習で会った時に「なんでいつもそんな険しい顔しているんだよ。」って言われて、

自分では普通にしてたつもりだったので、あれって思った。

俺ってそんな感じで見られていたんだって始めて気がついたんです。

あーだから、セミナーとかで初対面の人に声掛けられなかったのかー!って思いました。

声も小さいし・・・

自信が無かったし・・・

不安をいっぱい抱えてたし。

それが知らず知らずのうちに顔に出ていたんですね。

 今を生きるようにしてから心に少しゆとりができた

人間は心で生きています。藤村先生がよく言われてる言葉です。

他には、

人は思い通りには成りません、人を変えることはできません。

ですよね自分が変われば人も変わります。

不安とは、まだ起こってもいないことを自分で勝手に想像してどうしようどうしようと思ってしまうこと。

起こってもいないことを考えたって仕方が無いのです。

確かにそうだよな。起こってから考えればいいんだ。

もう成る様にしか成らないのだから。取り越し苦労になることが多い。

そして、何よりも響いたのが「今しか生きられない。」って言葉。

今を悔いの無いように生きていれば輝いてる人生が見えてくるんです。

ヤバっ!

それから、今をできるだけ楽しもう、そうしよう!と思っています。

そして自分でされたら嫌なことは人にはしないように気をつけようと思います。

 今日伝えたいこと

ブログを書き続けていたからいろいろな人に出会えていい影響を受けて自分自身の直したほうがいいところに気づきました。

ブログを書き続けてきたから色々な事を学び、時代の流れを感じることもできたと思っています。

ブログを書いていたからフェイスブックとかツイッターも使い始めたし、使い方の勉強も人のブログを読んだり他の人の投稿を読んで感じて覚えてきました。

分かったのは、読んでいて楽しくなるブログや投稿・つぶやきは、また読みたくなるってこと。

せっかく書いているので反応があったほうがいいから。

なぜなら、自分の会社を多くの人に知ってもらうのが目的でいろいろな発信しているので。

僕らの業界、洋服が売れなくなってます。

それは買う理由が分からないからだと言われています。

これだけ洋服が溢れかえっていてどれも似たような服にしか見えず、数が多すぎてどれを選んで良いのか分からない状況になっていて僕たち消費者は選ぶのが面倒くさいし買わなくても困らないから。

もう、着るものが無いわけじゃないですもんね。

もっと言えば洋服の魅力が伝わっていないと僕は思います。

胡散臭い服が多い。ユニクロは信用できるけど、信用できない服が多いかなーって思います。

つまり、作ってる人の顔が見えないから信用されないのかな?よくわかんないけどそんな感じがします。

僕らが、これから作りたい洋服は今までと同じ洋服を作っている会社ではツマリマセン。

どうせなら、今までにない服を作りたい人と組みたいです。

自分でもそんなことをやりたくなるかもしれないし。

多くの人とつながっていけば僕らが得意とすることを必要してくれる人がいることを信じてこれからも書き続けよう、そうしよう。

長くなったけど、つまりはこれからもガンバリマス。

以上です。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を縫い続けて早25年目を迎えました。大御所と呼ばれるデザイナーブランドから数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。縫製職人が手掛ける洋服のお直しも好評です。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
洋服を縫えるようになってうれしかった時のこと

こんにちは、久しぶりに卓球もお休みでゆっくりと日曜日を過ごしているミズ

今週も一週間お疲れ様でした

こんばんは、今夜は練習に行けなくて少し残念に思っているミズイデ(@fa

LINE@はビジネス向けのLINEアカウントです

こんにちは、食べなきゃ太らないね。今朝の体重65.5㎏だったミズイデ(

「こんな風に直して欲しいんですけど」に「こうしたらどうですか。」と言う提案力を持ったお直し屋さんを知らない人が多いのかなと思いました。

こんばんは、伝わるブログを書ける様になりたいミズイデ(@fashion

これからの縫製工場はこうしなくちゃいけないってことは何もないんだからもっと自由に仕事をしよう

こんにちは、久しぶりに散髪して頭が寒いミズイデ(@fashionizu

  • 公式LINE@バーコード

    2017.06.14-02