すぐに諦めてしまうのか、それとも諦めずに続けられるのかの違いは好きだという想いが強いか弱いかだけでしかないと思ったこと。

おはようございます。ブログを読んでくれた人によろこんでもらいたいと思って書いているミズイデ(@fashionizumi)です。No.731

今日も書きますね。

 すぐに諦めてしまうのか、それとも諦めずに続けられるのかの違いは好きだという想いが強いか弱いかだけでしかないと思ったこと。

昨日はさいたま市卓球大会でした。午前中は50代の部で午後は一般の部で若い人にオッサンも混じってがんばりました。

ボクはウィニングショットという卓球クラブで活動しています。

昨日同じクラブの竹澤さんが40代の部で優勝して決勝戦を見ていたことを少し書きますね。

卓球は11点先取で勝ち、10-10になったらジュースで2本差がつくまで続きます。

さいたま市の大会は5セット制で先に3セットとった方が勝ち。決勝戦は2-2から第5セットまでもつれ途中まで一進一退のボクだったらプレッシャーに負けてしまいそうなくらい緊迫したゲームでした。

7-7くらいから竹澤さんが4本連取して優勝を決めた時のうれしそうな顔は見ていたボクもうれしくなったくらい満面の笑みでした。

決勝戦の相手とは何度も対戦してて分は悪かったのに勝てたのは諦めずに自分のできることをやりきったからかなとボクは思う。

どんなスポーツでも結局は自分を信じて戦うしかなくて、やっぱ気合いが上回っていた方が強いな。誰でも弱気との戦いですね。

たけちゃん、優勝おめでとう!

竹澤さんが卓球を始めて10年だって、ボクは6年目です愚直に頑張れば結果は自ずとついてくると信じて諦めずに頑張ります。

 卓球に限らず続けることって難しい。

ブログを書くこと、SNSを使って発信することもついつい何のためにやっているんだろうって思ってしまうこともあります。

卓球で勝てないのと同じで発信していても結果は期待するほどないから。

卓球で言ったら確実に昔できなかったことはできるようになったけれどサーブ力やレシーブ力、攻撃力防御力総合的に全然まだまだなわけです。

だから寸暇を惜しまず練習したいし今年も6月に合宿してまで練習するのは好きだから。自分で結構諦めが悪い奴だと思いました。

ブログを書くのは好きです。SNSもやらされている気はなくて楽しく投稿してます。

発信していることで少しずつ問合せが増えてるのでこれからも楽しみながら続けようと思います。

ただ、発信の内容を考えるのはいつも難しいです。考えるとダメだから感じたままにするといいのかもって最近思いました。

 ファッションいずみは今年で28周年を迎えました。

1991年2月3日にファッションいずみを創業して早や28年経ちました。

今まで関わってくれた全ての人に感謝します。

この仕事をここまで続けてこれたことにびっくりです。マジで死ぬかと思ったことは1度や2度、いや3度くらい。

でも今日もこうして生きて縫製の仕事をしています。これからも大丈夫なんだと思って今をがんばります。

とりあえず、今ボクができることをがんばります。

今日は以上です。

友だち追加

友だち追加してもらえば直接ミズイデにメッセージが送れます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket