大きな会社と口座開いて安泰の時代は終わったと思う。小さな会社の洋服が好きな人と一緒に服作っていると楽しい。

こんばんは。おなかが空いてついついお菓子を食べてしまうミズイデ(@fashionizumi)です。No.1029

大きな会社と口座開いて安泰の時代は終わったと思う。小さな会社の洋服が好きな人と一緒に服作っていると楽しい。

縫製工場は大きなアパレルメーカーの仕事をしているとそれだけで自慢できた時代もありました。


大手アパレルが倒産する時代です。

レナウンが民事再生を断念、破産へ


うちで縫っているこのブランドさんがずっとご夫婦でやられてて今年遂に法人成りしました。おめでとうございます!うちでお手伝いをさせていただいている取引先様が大きくなって本当にうれしいです。そう願って縫っています。大きくなって受注も増えてきてます。


大手さんには散々でした。それでも数年前にあの目黒にある大手アパレルメーカーの方が来られて口座を開いたときはいけるかなって少しだけ思った自分が悔しいです。
納期に間に合わないと生産管理の人に言った瞬間に形相が変わりましたからね。苦笑。納期にルーズでほんとすいません。
それ以来納期は絶対ですからね!の言葉がトラウマです。
話が前後しちゃいますが、他のアパレルメーカーで生地が遅れたのに納期は絶対だと言われた時には、間に合わないのでお返ししますと言ったら債務不履行だと脅されたこともありました。そんなひどいことよくできるな。を乗り越えて今があります。
だから、仕事をする時に信用できる人じゃないと引き受けないようにしてるから気軽に依頼しないでね。
そんなことを経験して今はやっと出会えた洋服が好きなご夫婦で始めたブランドさんで僕らのこともちゃんと考えてくれている人と仕事をしているから楽しい。仕様が細かくて大変だけど出来上がった服を見るとかっこよくて楽しい。
これ以上の幸せはないと思う。
もう11月も終わり12月もジュルスケパンパンなのでがんばります。


好きは最強だと思う。今日は以上です。