*

縫製工場で縫っている人たちは縫う時にピン打ちなどしないで縫います

こんにちは、なんかやたら眠くて仕方ないミズイデ(@fashionizumi)です。

早いもので今日から新年度が始まりました。No.587

  縫製工場で縫っている人たちは縫う時にピン打ちなどしないで縫います

縫製工場の人たちって当たり前だけど、縫うことが仕事なのでびっくりするくらいミシンの踏むスピードが速いんです。

もう、ミシンの音がウルセー!って思うくらいうるさい。

どうしたらそんなに速く踏めるようになるの?ってくらい速い。

それは、長年踏んできた慣れだとボクは思います。

よく聞く、「昔取った杵柄」って言葉がありますが、縫製の仕事を一度離れた人はデキルヨウニ見えて出来ないんじゃないかな?そんな印象を持ってます。

それは、同じようにミシンを踏んでいるように見えて日々鍛錬している感じ。

分かりやすく言うと毎日アップデートしているんじゃないかな。

もう、毎日素材が違うし毎年新素材・難素材が開発されてそれに対応できるように進化しているわけです。

それが、1回辞めてしばらくして戻ってきてもそんブランクを埋めるのにちょっとだけ大変なのかなーって感じます。

昭和の頃は縫い代ロック始末がほとんどだったけど、

今はロックミシン始末が減ってきて袋縫いとか折り伏せ縫いが多くなってるのでメンドクサクなってるんです。だから日々アップデートしていかないと作るのがしんどくなるはずです。

縫うってアイロンもセットだから。

 洋裁教室の縫い方はとても実践向きではないとボクは思う

そうじゃない教室もあるとは思いますが、洋裁教室に通う方は初心者の方が多いみたいです。

時間があって、その時間を使って洋裁を覚えたい人が通うサークル活動のようですよね。

だから、ミシンを踏むときもオッカナビックリ踏むでしょうし生地の端を揃えて縫うのは結構ムツカシイと思います。

だから、縫い代を待ち針などで止めて縫っているらしいです。

でも、縫製工場に現場にはそんなことをしている時間の余裕はありません。

ていうか、それプロじゃないです。

 脱技能ミシン

ロックミシンを自動化したのがサージングミシンです。

本縫いミシンを自動化したのがエッヂコントロールシーマー(通称エヂコン)

作業する人は生地をセットして入れるだけでロックミシンしてくれて、縫ってくれます。

これらのミシンは基本的にそればっかりやって初めて効果が得られるのかなとボクは思っています。だから枚数が必要だと思うんです。

自動で商品の値段を読み取ってくれるレジの作業のようなのと似ている。

今は知らないけど、それらのミシンは万能じゃないし、小ロットに特化しているのと場所も取るからボクはもう随分前に捨てました。

 人の指の感覚が必要な服作り

シャツの台襟付け、シャツの専門工場さんはどうやってるのか気になります。

うちのやり方は、昔ながらのやり方です。

落としミシンは裏側がきれいにコバステッチになると気持ちいいんです。

裏側が見えないのにきれいにコバになるのは指先の感覚です。

そしてその前にきっちりアイロンされていないと出来ません。

落としミシンって何?って方は下のブログを読んでくださいね。

ミシン初心者にありがちな失敗。私のことですけどね。

 機械に頼るところは頼ります。

その方が楽だから。

今日から新しいスタッフが増えていきなりボタンホールミシン覚えてもらいました。

 

人間の手でしか出来ないこともまだまだあります。

シャツだって、何万着何百万着と作るシャツと4・50枚しか作らないシャツとでは作り方が違います。

でも、ボタンホールは同じです。

あと釦付けミシンはマジで欲しい。

ボクは作り方のバランスを取って作っていこうと思っています。

今日は以上です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
水出 俊哉
1964(昭和39)年7月生まれなので夏と卓球が大好きです。
1991年2月、26歳の時に有限会社ファッションいずみを創業。高級婦人服(プレタポルテ)を作り続けて早28年目を迎えました。
主にインディーズデザイナーブランドを手掛けています。
数多くのドメスティックブランドのショーサンプル・展示会サンプルから本生産までお手伝いさせていただいています。
縫製職人が手掛ける洋服のリフォームも好評です。
あと、個人様の縫った洋服1着からでもボタンホールを承っておりますお気軽にお問合せください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
自分の得意なこと好きなことを発信すると信用が得られる。

こんばんは、夏でもエアコンより扇風機が好きな昭和39年生まれのミズイデ

縫製工場には広い裁断場が必要不可欠な理由

こんばんは、海の日なのに仕事しているミズイデ(@fashionizum

エクスマという考え方に出会ってからボクはどう変わったのか

こんにちは、夏が大好きなミズイデ(@fashionizumi)です。

今から29年前25歳だったボクは生き生きとしてたのを思い出した件

こんばんは、今日は伊豆長岡温泉にSNSの強化合宿に来ているミズイデ(@

縫製職人とはアイロン職人でもある
縫製工場を大きくしたいと思って散々失敗をしてきました。

こんばんは、今朝体重を計ったら66.2㎏でほっとしたミズイデ(@fas

  • 公式LINE@バーコード

    2017.06.14-02
  • 2018年7月
    M T W T F S S
    « Jun    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031